ささえる、つなげる、創造する ふじのくに文化情報センター

2017 年 3 月 11 日

新たな夢二像を探って

静岡市美術館で2017年2月18日から3月26日まで「夢二と京都の日本画」展が開催されています。
展示は竹久夢二の作品と資料約80点に京都の日本画約40点を合わせた約120点を一堂に紹介されています。
その関連イベントとして3月4日に実施された講演会、「新たな夢二像を探って」に行ってきました。講師である新居浜市美術館館長の山野英嗣氏が、創作銅版画家で、作品・資料の収集も行っていた川西英のコレクションを手がかりに、新たな夢二像に迫りました。
川西コレクションにある夢二の作品・資料を調べていくと、これまであまり注目されてこなかった新たな夢二像に気付くことができます。それは「夢二式美人画」とも称された表現に加えて、夢二が当時の新たな表現=「前衛」に関心を寄せていたことです。このことは川西自身にも指摘でき、コレクションには日本の前衛的な動向を代表する村山知義や後年漫画家・田河水泡として活躍する高見澤路直の作品、さらにはロシアに生まれ日本で生活したワルワーラ・ブブノワの版画も含まれていたのも驚きであるとお話されました。
講師の山野氏が、美術家・美術作品について、違った方面から探求してみるとことが大切で、特に若い人に実践してもらいたいと語られたことが印象に残っています。今回の講演では、「川西コレクション」の作品・資料をとおして、夢二の「前衛」性という新たな面の理解を深めることが出来ました。

「夢二と京都の日本画」展は静岡市美術館にて3月26日まで開催されています。
ご興味のある方は是非。

文化情報サポーター S.I

Filed under: 未分類 — admin @ 5:11 PM

2017 年 2 月 28 日

伊豆・下田 開港の歴史を訪ねて

もうすぐ明治150周年ということもあり、伊豆・下田に出かけて開国に影響を与えた“ペリーと日米和親条約”の足跡をたどってみた。

下田公園下の鼻黒にぺリー艦隊の乗組員が上陸したのは1854(安政元年)、ここから日米和親条約の交渉が始まり、3年後総領事パリスが着任、日米友好の礎がきずかれた。

ペリー上陸記念碑

公園内には1954(昭和29)に開港100年を記念した大きな「開国記念碑」が建てられている。この碑にはペリーとパリスのレリーフ像と二人が残した言葉「余は平和使節としてこの地に来れり」(ペリー)と「私の使命はあらゆる点で友好的なものであった」(パリス)が刻まれており、「開国記念の碑」の揮毫は吉田茂総理となっている。

開港記念の碑

下田公園からペリーロードに行く途中に「下岡蓮杖」の碑がある。この人は日本の写真師の開祖となった人で、領事館となった下田奉行所の足軽としてオランダ人通訳から写真技術を手ほどきされた。

下岡蓮杖

「日米下田条約」が締結された了仙寺を観て、街中に入ると「吉田松陰拘禁の跡」というものがある。松陰は海外事情を学びたい意欲が強く、鎖国の禁を犯し、密航を企てた。はじめは長崎でオランダ船への便乗を試みたが失敗し、次にここ下田でペリー艦隊の船に漕ぎつけて渡米を懇請したがペリーに拒否されてしまった。結局あきらめて自首し拘禁されたとのこと。

了仙寺

吉田松陰拘禁の跡

また「欠乏所跡」というのもある。これは入港してくる外国船に薪、水、食料、石炭などの欠乏品を供給したところ。当時、貿易は禁じられていたが、貝細工、染め物、瀬戸物、反物などが売られ、事実上の貿易が始まった。幕府は欠乏所の売り上げの3割を税として徴収したので、公には認めなかった貿易でちゃっかり利益を得ていたのだ。

欠乏所跡

下田をはじめとする伊豆南部は、噴火した海底火山や火山島によってできた大地とのこと。下田市の寝姿山と下田富士は、かつて火山の地下にあった「マグマの通り道」が地上に姿を現した「火山岩頸(火山の根)」という特徴的な山だそうだ。

寝姿山

下田駅の観光案内所で入手したガイドマップに従って歩いたが、アップダウンがほとんどなくとても歩きやすい街だった。また街中のいたるところにたくさんの“風車”が飾られていて、風に吹かれて回る様子が目を引く。下田開国博物館の売店で尋ねたところ、5月に行われる「黒船まつり」で毎年作られるもので、祭り終了後に各家庭に持ち帰り飾っているとのこと。また、マイマイ通りにあるお菓子屋さんで買った桜の花が入った一口ようかんがとてもおいしかったのだが、マイマイってかたつむり。どうしてこの名前がついたのか帰宅後に調べると「ペリー艦隊についてきた」とあった。かたつむりって江戸時代以前にはいなかったのだろうか。

文化情報サポーター T.S

Filed under: 未分類 — admin @ 11:58 AM

2017 年 1 月 24 日

新素材セルロースナノファイバー(CNF)の展示を見学して

静岡県庁の展示コーナーにて、セルロースナノファイバー(CNF)の実用化を促進するため、CNFを使った身近な製品が紹介されています。非常に興味のある新素材ですので見学に行ってきました。
CNFとは、植物の繊維からできる紙の原材料、パルプを超微細にほぐした繊維の新素材のことです。軽量・高強度などの優れた特長があり、さまざまな分野への活用が期待されています。
市販され始めたCNF製品には以下のようなものがあります。

・紙おむつ・・・CNFを用いることで消臭効果は従来品の3倍以上。
・高音質なスピーカの振動板開発・・・CNFを使用することで強さや、しなやかさと軽さを両立した。
・ゲルインクボールペンのインク・・・増粘剤としてCNFを配合することで逆書きでもかすれない、なめらかな書き味を実現。

県は全国に先駆け産官学によるCNF推進組織を設立、顧問にはCNF活用へ技術的な道を開いた第一者、静岡市出身の磯貝明東京大学教授が就いておられます。プラスチックなどに代わる部材、部品用として、自動車や家電、建材メーカー等にサンプルを提供しており、将来大きく期待される新素材として注目しています。

文化情報サポーター S.I.

Filed under: 未分類 — admin @ 4:30 PM

2016 年 12 月 9 日

「世界にはばたく女性」講演会(第4回)

社会の第一線で働く女性たちが「次代を担う若者たち」に、自らの歩み、思い、夢などを語り、未来へはばたく希望と勇気を与えるための公開講座「世界にはばたく女性」講演会が123日(土)に静岡市葵区の静岡雙葉学園で開催されました。

4回目となる今回は、言語学者で国際基督教大学学長の日比谷潤子氏が講師をつとめられました。講演会では「世界の人々とともに」をテーマに、グローバル化する社会、多様な人がいる世界において「当たり前の見方や考え方があると思ってはいけない。」とお話されました。

中でも、多種多様な人々と交流のあったご自身の海外生活や国際基督教大学の学生の留学体験を紹介しながら、「対話と交渉能力」の必要性を強調されていたこと、コミュニケーションの手段、技能(スキル)としての語学力を身につけてほしい、日本語(母語)と特に英語の能力が必要で、話すことも重要だが書くこともモノにしてほしいとのお話が印象深く感じました。また、「対話と交渉能力」を支えるために言語能力+1(α)を学ぶこと、例えば大学等で母語・英語に加えもう一つの言語を取得することを推奨されていました。

日比谷先生の講演はとてもわかりやすく、ユニークな語りで、人間の語学力の重要性について、若者たちと一緒に考えていきたいという、先生の熱い思いを感じました。

文化情報サポーターS..

Filed under: 未分類 — admin @ 8:54 AM

2016 年 12 月 3 日

再発見!! ニッポンの立体

秋の日差しに包まれ、紅葉したけやき並木道の落葉を踏みしめながら、静岡県立美術館に行って来ました。今回の展示は「再発見!ニッポンの立体‐生(いき)人形からフィギュアまで‐」です。

展覧会のパンフレットによると、古来、日本では仏像、神像、置物、建築彫物など、様々な立体造形が作られてきました。しかし、それらは西洋的彫刻の概念に基づくものではなく、また西洋的な芸術鑑賞の対象ではありませんでした。それゆえ、その多くは西洋的彫刻とは異なるものとみなされ、いわゆる美術としての地位はありませんでした。近年、日本近代彫刻の再検討が行われる中で、こうした日本の前近代以来の立体造形が改めて注目されています。この展覧会ではこうした成果を受けて彫刻、工芸などの従来のジャンルを越え、より自由な視点から日本の立体造形が紹介されています。

展示物の構成は3部からなっています。

第1部は「置物・縁起物・飾り物」です。ここでは仙人、超人といった江戸文化として花開いた置物の彫像やより単純な形態にした像や精巧な飾り物としての根付、水摘、香合等が展示されています。

第2部は、「人間を考える」をテーマにしたものです。ここでは人体をモチーフとした立体表現を紹介し、現代の人物表現や人体表現としてのフィギュアや肖像、人物像を展示しています。

第3部は、「自然と交感」のテーマです。自然に宿る神秘的、超越的なものを“かたち”あるものへと写し、刻みつけようとした作品群です。

以上が展示物の説明ですが、江戸の仏像から現代のフィギュアまで連綿と続く日本の立体造形としての彫刻、工芸といった従来の枠にとらわれない陳列が多彩な変化を魅了してくれました。

なお、この展覧会は来年、平成2919日(月・祝)まで開催されています。

再発見!ニッポンの立体

文化情報サポーターN.I.

Filed under: 未分類 — admin @ 3:11 PM

2016 年 10 月 3 日

第3回静岡雙葉学園「世界にはばたく女性」講演会

社会の第一線で働く女性たちが「次代を担う若者たち」に、自らの歩み、思い、夢などを語り、未来へはばたく希望と勇気を与えるための公開講座、「世界にはばたく女性」講演会が101日(土)に静岡市葵区の雙葉学園で開催されました。

第3回目となる今回は、歴史小説家の植松三十里氏が講師をつとめられました。
植松先生は静岡市出身で静岡雙葉学園をご卒業されています。2003年に『桑港にて』で歴史文学賞、2009年に『群青、日本海軍の礎を築いた男』で新田次郎文学賞、同年『彫残二人』で中山義秀文学賞を受賞されています。

講演会では「私と家族と世界」をテーマに、自分、長女、夫、次女、それぞれの人生の歩みを、夢と現実、経験から、赤裸々にお話されました。

以下は、先生の講演会でとても印象深かった言葉です。


「人は誰にも必ずチャンスは有り、また、がんばり時がある、それを見逃してはいけない。」

「人生において自信が無くても簡単にすぐ“出来ません”と言わない方が良い。」

「隙間(他人が余り興味のないところ)を狙うことも必要。」

「失敗を恐れず、挑戦する大切さが必要。(失敗は成功のもと)」


植松先生の講演は、非常にわかりやすく、ユニークな語り口でした。人生について、若い人が夢ややりたいことがわからないときは、色々なことを経験して、チャンスを生かし、頑張って前向きに進んで行って欲しいという先生の熱い思いを感じました。


文化情報サポーターS.I.


Filed under: 未分類 — admin @ 2:25 PM

2016 年 9 月 28 日

浜松市美術館で開催されている若木信吾写真展』に行ってきました。

若木信吾写真展

浜松市出身のフォトグラファーである若木さん、1Fには若木さんの祖父や友人等の地元浜松での写真の他、有名人のポートレイトから、今活躍中の写真家たちのシリーズと、それぞれのテーマごと全く違った作品を楽しめる空間となっていました。

2Fは全て映像作品で、写真家たちのインタビューや、浜松での撮影風景の他、著書「希望をくれる人に僕は会いたい」でのインタビュー映像等、多ジャンルで活躍する若木さんらしい、時間をかけてじっくり見たいボリューム満載の展示でした。

会期は107日(金)まで。

若木信吾

お時間のある方はこちら、若木さんが浜松市内にオープンした書店にもお立ち寄り下さい。

BOOKS AND PRINTS

BOOKS AND PRINTS


文化情報サポーターR.H.


Filed under: 未分類 — admin @ 6:16 PM

2016 年 9 月 16 日

『ランス美術館展』関連イベント講演会に参加して

静岡市美術館で9月10日から10月30日まで、『ランス美術館展』が開催されています。

展覧会ではドラクロワ、ジェリコー、コロー、ミレー、ピサロ、シスレー、ゴーギャン、ドニをはじめとする17世紀から20世紀の巨匠たち、そして晩年にフランスの古都ランスで洗礼を受け、制作も行ったレオナール・フジタ(藤田嗣治/1886-1968)など、特別出品を含む名画約70点が展示されています。

その関連イベントとして9月10日(土)、熊本県立美術館学芸課長の村上哲氏による「レオナール・フジタとランス―魂の安寧の地へ」と題した講演会が開催されました。村上氏は熊本県生まれで、熊本高校、東京芸術大学美術学部を卒業し、エコール・ド・パリと藤田嗣治、西洋版画、ピカソ、シャガールなどの研究をされています。

講演では1920年代のパリで一世を風靡し、20世紀の絵画史にその名を刻んだレオナール・フジタの生涯を振り返りながら、その作品の解説が行われました。作品を投影しながらの解説はわかりやすく、レオナール・フジタの人物像に理解が深まりました。自ら壁画を描き永眠する「フジタ礼拝堂(平和の聖母礼拝堂)」のある古都ランスやランス美術館のコレクションとの深い繋がりなどもわかる、素晴らしい講演会でした。

静岡市美術館の『ランス美術館展』は10月30日まで開催中です。

文化情報サポーター S.I.


Filed under: 未分類 — admin @ 1:23 PM

2016 年 9 月 14 日

造形そして、異なる素材と色合いの調和

佐野美術館(三島市)で9月22日まで開催されております「杉山明博 造形の世界」を鑑賞してきました。

杉山明博 造形の世界

杉山明博さんは、静岡県出身の方で、動物をモチーフとした木製造形品を数多く手掛け、その他デザインの探求に努められ多数の書籍も残されています。

展示されている造形作品は、パズル的な要素を含んでいたり、また、木材でもいろいろな種類の違う素材から、色合いや感触を組み合わせたもの、はたまた金属食器や、ロープ等多様なものとの組み合わせを利用した動物モチーフのものまでありました。

中でも私が目を引かれた作品は、動物の頭や足が折り畳み格納されるような実際に動きのあるパズル的なデザインの作品と、それとは対照に動く訳ではないが芸術的に躍動感あふれる美的デザインの作品の共存に大変感銘を受けました。

また、光を使ってアクセントを醸し出した作品やファッションアクセサリーとしての作品など、木の温かな感じを十分に味わえる展示品群でありました。

その他、子供達が木製パーツを組み上げて家等を形作れるコーナーなどもあり、ただ鑑賞するだけではなく大人から子供までが、実際に木の温もりとデザインに 触れることのできる展示となっておりました。

この美術館では、それ以外の常設展示は重要文化財や重要美術品に当たる仏像や日本刀など日本古来の展示品を中心とし小ぢんまりした感じではありますが、平成25年にリニューアルされ一新された内装デザインや、それ以上に隣接する木漏れ日が心地良い落ち着いた感じの庭園も素晴らしく、三島駅から伊豆箱根鉄道で電車を乗り継ぎ数駅での移動でも来れるので、ご興味を持たれる方は一度足を運んでみて下さい。

佐野美術館ロビー 佐野美術館 ロビー

庭園 佐野美術館 庭園


文化情報サポーターM.W.


Filed under: 未分類 — admin @ 3:44 PM

2016 年 9 月 7 日

K’s pro. コンテンポラリーダンス公演 vol.19「Le petit petit princeちっちゃな、ちっちゃな王子さま」

e6989fe381aee78e8be5ad90e6a7984舞台芸術公園の秋に、金色の髪のスカーフを巻いた王子が舞い降りる素敵な夜。
今年のK’s pro.のテーマは、サン・テグジュペリの「星の王子さま」です。
9月3日(土)4日(日)
台風の影響下もどかしい天気を気にしながら静岡県舞台芸術公園 野外劇場「有度」に行ってきました。
今年も「有度」でしか体感出来ない生演奏のピアノとK’s pro.のダンスが鑑賞できるこの瞬間を幸せに感じました。
劇場内は、真夏に引き戻されたかのように観客で埋りました。そして、血が沸き立つような轟音で墜落する飛行機(スペース・シップ?)の墜落で始まりました!
砂漠に墜落した飛行機。
飛行機の操縦士である「僕=陰山泰」は、ある星からやって来た「王子=森本京子」と出会う。
その王子の星にバラが咲いた。初めてバラを見た王子は感激して世話をするが、バラと喧嘩してしまう。王子は星をめぐる旅に出るのだが・・・
次々といろんな星で一癖も二癖もある大人たちをK’s pro.のメンバーが見事に表現!!いくつもの組み合わせのバランスがとても面白いですね。そして、今年の作品にはゲスト・ダンサーがいない!ここ数年のK’s作品で欠かさない、ダンサー西川卓氏が不在なのだ。
「バンド名が音楽を表す」ように「チーム名がスタイルを表す」
K’s pro.は森本京子・陰山泰である。バレエの森本京子先生の独自の振付けと舞台俳優の陰山泰氏の演劇的な構成バランス!
今回のゲスト・ダンサー不在でも、作品のクオリティが落ちるどころか、全体の底上げに成った感があり、メンバーに新たなpro.意識が芽生えたと思えます。
中でも、シーン4:ちっちゃな王子と一輪のバラ~では、二人の心境がヒリヒリと伝わってきます。ダンサーの言葉は音楽だ。
切なくて、悲しいナンバーを林正樹さんの澄んだピアノがやさしく寄り添います。ずっと見ていたいシーンでしたね。
シーン8:ビジネスマンの星~では、サプライズな演出!会場入口で配布された星が描かれたうちわをメンバーの合図で掲げる。急かさずカウンターで観客のうちわをカウント!タイトなシャツとメガネルック。白さが正確なリズムと動きで現代の忙しない社会を強調!キレッキレ!のダンスで星の獲得数を計算!うーん新しい表現だ!!
実は私、本公演の前に、予習をかねて、Spacの「おはなし劇場」で星の王子様を鑑賞していました。プチ・ケーキのような可愛らしい作品でした。そこでは、楽器の合図で観客は星に例えて手をキラキラ振るものでした。しかし、K’s版「星の王子様」では、ビジネスマンの星で使ってくるとは恐るべし!
身体表現を極めたダンサーは、日常の些細な動きでも、立派なダンスに見えますね。歩くこと、服を着ること、字を書くこと等々、各星のキャラクターが個性的なダンス、ステップを披露します。
王子は地球へやって来ます。王子は、サン・テグジュペリは今の地球がどのように見えるのだろうか?
何千本と咲くバラ。「有度」の精霊を呼び起こすような見事に咲き誇ったバラ。観る者を圧倒する群生と美しい舞い!
妖艶でミステリックな蛇。
「大切なことは目には見えない」キツネが教えてくれたこと。
王子が見上げる星空はきれい。野外劇場でしか味わえない特別なシーン。
一輪のバラが待ってるあの星へ怖いけど勇気を出して帰ろう。蛇に噛まれることで、身体を置いて自分の星に帰るのでした。
6年後の僕・・・あの金色の髪をした不思議な少年は誰だったのか・・・?
少しずつ溜まってしまった澱(おり)のような無力感が砂漠の行進となって展開する「キミは僕で、僕はキミだったんだね」
思い出を味わうように各星のキャラクターが交錯する・・・
ステージから降りた王子・京子先生が客席最前列の一人に画用紙を差し出す。
「ねえ・・・ヒツジの絵を描いてよ!」
絵本を閉じるような幕切れ。みごと!
K’s pro. コンテンポラリーダンス公演 vol.19「Le petit petit princeちっちゃな、ちっちゃな王子さま」のステージでした。

e38186e381a1e3828f4

 

 

 

  

 

配布されたうちわ。可愛い

 

文化情報サポーターK.S

Filed under: 未分類 — admin @ 11:38 PM
« Newer PostsOlder Posts »
文化芸術の総合相談窓口

ふじのくに文化情報への現在の登録件数

文化団体
286
アーティスト
79
文化施設
217
個人
83

登録はこちら

ご利用ガイド

  • グランシップ
  • アトリエふじのくに
  • ふじのくにささえるチカラ
  • ふじのくに文化資源データベース
  • しずおかイーブックス

ふじのくに文化情報への登録はこちらから

静岡県文化情報総合サイト「ふじのくに文化情報」に、ご登録いただきますと、様々な形式での情報発信が可能となります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。