ささえる、つなげる、創造する ふじのくに文化情報センター

2017 年 4 月 21 日

富士山を背に大型クルーズ船が清水港に  ぶらぶら散歩  in  しみず(4)

4月12日朝、清水港にクルーズ船クリスタル・シンフォニーが入港しました。総トン数51,044t、全長238m、乗客定員922名のバハマ船籍の船です。
前日来の雨も上がり、久しぶりに顔を出した富士山をバックに入港する姿は圧巻!!
クルーズ船クリスタル・シンフォニー

富士山は恥ずかしがり屋さんなのか、クルーズ船が入港するとき、姿を見せることは少ないのです。この日は外国からのお客さんや迎えた我々にとっても運の良い朝でした。

今年 1月末、清水港が国土交通省の「国際クルーズ拠点」に選出され、昨年からおこなわれてきた大型クルーズ船の係留設備も改良されました。そして今年度は39回の寄港が予定されています。
海外からのお客様には富士山、久能山東照宮、日本平、三保の松原ほかの景色や文化、さらにお茶、イチゴ、メロンに代表される新鮮な食べ物など静岡県独自の素晴らしさを満喫していただきたいものです。
今日のお客さんにはいろいろなオプションが準備されているようですが、ガイドさんのお話によると富士山5合目、富士宮浅間大社などを回る予定だそうです。
また、クルーズ船の寄港1回当たり約6,000万円ともいわれている経済効果も期待されます。

今回は”クルーズ船を見る”ポイントを紹介します。寄港中はマリン・ターミナル2階の送迎デッキや埠頭が開放されますのでまさに間近に船を見ることができます。また、船ですから海に浮かんだ状態を見たいものです。送迎デッキではやや上から、また埠頭の先端では海抜1mの位置から見上げることができます。

マリンターミナル2階 送迎デッキ

マリンターミナル2階 送迎デッキ

寄港中のクルーズ船

寄港中のクルーズ船

クルーズ船の入港時の様子を見たい時には注意が必要です。たとえば8:00入港の場合、40分前ぐらいから待機する必要があります。船が三保半島の先端に姿を現してから港に到着するまでに要する時間はおおよそ15から20分ぐらいです。その後、少し時間をかけて、予定時間ほぼぴったりに接岸するわけです。
また、飛鳥Ⅱは、送迎デッキの目の前で船首を180度旋回し、出港する準備を整えた形で接岸します。外国クルーズ船の多くは入港時はそのまま接岸し、出港時はバックで出て、港内で方向を変えて駿河湾に向かいます。

旋回する飛鳥Ⅱ

旋回する飛鳥Ⅱ

さらに船の形から見ると、船首は鋭い鳥のくちばしのようになっていますが船による違いはあまり感じません。一方、船尾は船によって様々です。個人的には飛鳥Ⅱの丸みを帯びた姿が好きです。

飛鳥Ⅱの丸みを帯びた船尾

飛鳥Ⅱの丸みを帯びた船尾

4月中旬からGWの終わりまで、クルーズ船7回の寄港が予定されていますので見に来てください。入港情報は清水客船誘致委員会HPで公開しています。

文化情報サポーターT.S.

<ぶらぶら散歩 in しみず>
健康維持を目的にWalkingを日課としている文化情報サポーターT.S.が清水区内のイベント情報や文化、歴史、季節の移り変わりなどを定期的にご紹介。

Filed under: ぶらぶら散歩 in しみず — admin @ 2:05 PM

2016 年 12 月 26 日

『おんな城主 直虎』 昇太さん、小和田さんのご当地トーク  ぶらぶら散歩 in しみず(3)

来年1月からのNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の放送開始前に、今川義元役の春風亭昇太さんとこのドラマの時代考証を行っている小和田哲男さんのご当地トーク(主催:静岡市、NHK静岡)が、NHK関口アナの司会で1218日(日)清水マリンビルにて行われました。
ドラマの撮影秘話や武将としての今川義元について、お二人のわかりやすくかつ軽妙なトークで参加した800人を楽しませてくれました。

昇太さんは子どものころから歴史に興味を持ち、特に地元の武将である今川義元には強い思い入れがあったそうです。
大河ドラマは今回で3回目の出演とのことですが、「今川義元役があったらぜひやりたい」と、今まで出会ったNHKの関係者にいつも懇願していたそうです。その願い叶って出演のオファーがあったときはとても感激したそうですが、受諾に際して条件を出したそうです。それは今まで描かれてきた義元の多くは、公家さんの弱々しい姿の“ダメ武将”であったが、史実に基づいた正しい武将・義元の姿を演じたいということでした。
そんなことからドラマでは井伊家に対する敵役ではあるが、今までと違う凛々しい武将として、またセリフは少ないが目力で圧倒するクールな武将を意識して演じたとのことです。ただ、セリフがないと「自分が何をしているかわからない」ので芝居としては逆に難しかったといっていました。
ここで、初めて“春風亭昇太義元”の写真がスクリーンに映し出されたのですが、これを見た会場は大爆笑に包まれました。本人は「私の顔はメガネと一対なので…」と苦笑いをしていました。
“昇太義元”は初回から登場し、早い段階で姿を消すそうなので、18日の初回から見てほしいとのことです。

小和田さんも過去何度か、大河ドラマの時代考証を担当したそうです。時代考証は出来上がった脚本を見て、それが史実に基づいているかやドラマの中での言葉遣いや背景などをアドバイスする役目とのことです。
ただ、あくまでもドラマなので、演出上どうしても史実と違う場面にならざるを得ない場合もあり、過去二度ほど視聴者からおしかりをいただいたこともあるそうです。
今回は、直虎の子ども時代の名前がどうしてもわからなく、関係者と相談して「おとわ」と名付けたとのことです。
今川義元の研究を続けてきた小和田さんも、義元は“街道一の弓取り(武将らしい人)”、優れた政治・経営手腕を備え、かつ文化人だったと説明されました。

トークの初めに2年前の歴史秘話ヒストリア「直虎」のダイジェスト版が紹介されたので、「直虎」の人物像、今川家とのかかわりについて理解でき、その後の話がとても分かりやすかったです。参加された皆さんも十分、満足されたと思います。

122日にはグランシップ映像ホールにて井伊家をテーマにした「しずおかの文化新書 講演会  井伊直虎とその時代」が開催されますので、ご興味のある方はご参加してみてはいかがでしょうか。


文化情報サポーター T.S.

<ぶらぶら散歩 in しみず>
健康維持を目的にWalkingを日課としている文化情報サポーターT.S.が清水区内のイベント情報や文化、歴史、季節の移り変わりなどを定期的にご紹介。

Filed under: ぶらぶら散歩 in しみず — admin @ 11:44 AM

2016 年 11 月 15 日

壁展示「海の東海道」・・・清水郷土史研究会の活動 ぶらぶら散歩 in しみず(2)

清水郷土史研究会は、旧清水市の歴史や文化に興味を持つ仲間が集まってできた25年以上の歴史を持つ伝統ある研究会で、事務局を静岡市立清水中央図書館に置き、図書館事業とタイアップして活動している団体です。

ここには古文書・宿場・石仏・地名由来・古城・清水港廻船問屋という6つの部会があり、基礎学習、現地研修や講演会を主体に活動しています。

今回、清水中央図書館のロビーに展示された「海の東海道」という廻船問屋部会で作成した6枚の模造紙に描かれた“壁展示”を見てきました。

壁展示「海の東海道」


鉄道が発達する以前の遠距離の荷物輸送は、主として船で行っていました。このため、伊豆・駿河・遠江には河口付近に多くの湊が発展し、上方と江戸を結ぶ「海の東海道」で重要な役割を果たしたそうです。

駿遠の8つの湊、清水・焼津・小川(こがわ)・川崎・相良・横須賀・福田(ふくで)・掛塚について、由来や歴史的な役割、モニュメントなどが図、写真を使って分かりやすく説明されています。

8つの湊
清水港のモニュメント



 

 

 

 

 

 

 

 

大人に混じって休日に図書館を訪れる小学生や中学生も興味深そうに見ているそうです。

“壁展示”は6つの部会の持ち回りで担当・作成し、清水中央図書館の後は各交流館などでも展示されます。現在の清水中央図書館での展示は12月末日まで行われています。

文化情報サポーターT.S.

<ぶらぶら散歩 in しみず>
健康維持を目的にWalkingを日課としている文化情報サポーターT.S.が清水区内のイベント情報や文化、歴史、季節の移り変わりなどを定期的にご紹介。

Filed under: ぶらぶら散歩 in しみず — admin @ 1:34 PM

2016 年 10 月 24 日

富士山をテーマとした松瀬千秋さんの個展  ぶらぶら散歩 in しみず(1) 

健康維持を目的にWalkingを日課としている私、文化情報サポーターT.S.が、清水区内のイベント情報や文化・歴史、季節の移り変わりなどを定期的にご紹介していきます。

今回は、フェルケール博物館にて開催中の画家・松瀬千秋さんの個展に行ってきました。

「富士山」をテーマに10点の作品が展示されています。「富士山」は松瀬さん独特の形で、山の右側には宝永山が…そうです静岡市から見た富士山です…、そして山肌はピンクとなっています。また、鉛筆、水彩、アクリルに加えて、ウレタン樹脂などさまざまな絵具を用いた作品が出展されています。

1-treasure-ship1

こちらは「Treasure Ship」と題されたアクリル画です。まさに富士山を積んだ静岡の宝船ですね。富士山の山肌と船体はドットで表現され、日本の文様である唐草や青海波、細かく描かれたメルヘンチックな花、動物、魚なども松瀬さんの絵の特徴の一つです。

3776 Matsubara

「3776 Matsubara」は157x310cmの鉛筆書きの大作です。松の葉や前方の植物群にもメルヘンを感じます。また太陽の外輪の輝きにも唐草模様でのぼかしが入っています。

なお、鉛筆で描いた157x830cmというさらなる大作「3776 春夏秋冬」が清水・駿府病院のロビーに展示されているそうです。

会場には松瀬さんもいらしていたので少しお話を伺いました。

ウレタン樹脂塗料を絵画に用いたことについては、この塗料に「色彩の輝き」を見出したそうです。実際の作品を見てもとても明るい輝きを感じました。作画は描くのではなくスプレー吹付で着色するそうで、このため着色部には塗料の厚みが出てまたおもしろい雰囲気が出ています。

海外で勉強中は風景画を主体に書かれていたそうで、アメリカ在住時には特に水彩画の技法を極めたとのことです。

地元・清水出身で、子供のころから間近に見てきた富士山には特に思い入れが強く、様々な技法でその姿を描き続けているそうです。

個展は清水・フェルケール博物館にて11月30日(水)まで開催しています。

文化情報サポーターT.S.

Filed under: ぶらぶら散歩 in しみず — admin @ 1:18 PM
文化芸術の総合相談窓口

ふじのくに文化情報への現在の登録件数

文化団体
277
アーティスト
74
文化施設
206
個人
75

登録はこちら

ご利用ガイド

  • グランシップ
  • アトリエふじのくに
  • ふじのくにささえるチカラ
  • ふじのくに文化資源データベース
  • しずおかイーブックス

ふじのくに文化情報への登録はこちらから

静岡県文化情報総合サイト「ふじのくに文化情報」に、ご登録いただきますと、様々な形式での情報発信が可能となります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。