ささえる、つなげる、創造する ふじのくに文化情報センター

2017 年 4 月 1 日

《高校生による》グランシップ文化講座『人口問題から未来を発明する』開催レポート④

文化情報スタッフブログ特別版
3月19日、20日に行われたグランシップ文化講座『人口問題から未来を発明する』に参加した高校生の開催レポートを全4回にわたり、お届けしています!

●第1回「人口問題の由来と本質」 静岡県立吉原高等学校 広報部新聞班
●『ランチセッション』 富士市立高等学校 報道部
●第2回「パートナーシップ・親子から見た人口問題」 静岡県立富士高等学校 新聞部

お待たせしました!最終回の今回は、第3回講座について 静岡県立韮山高等学校 写真報道部 に執筆いただきました。



第3回「人口移動の現状と未来の地域社会」

静岡県立韮山高等学校 写真報道部

3月20日、グランシップ文化講座『人口問題から未来を発明する』の第3回が行われました。

第3回は「人口移動の現状と未来の地域社会」をテーマとして、静岡県立大の岸昭雄先生からお話がありました。

ino55315

(撮影:グランシップサポーター
 猪熊康夫)



先生はコンパクトシティによるまちづくりを提言し、少子高齢化・人口減少下での社会のあり方を提案。また、社会計画を立る上でその計画の影響を最も受けるのは若者たちだとし、若者のまちづくりへの積極的な参加の必要性も話しました。

ino55380(撮影:グランシップサポーター
 猪熊康夫)



p3200040(撮影:グランシップスタッフ)


講座終了後に行われた岸先生と静岡県立大学長の鬼頭先生のトークセッションでは多くの質問が会場からもあり、大変な盛り上がりを見せました。

静岡県立韮山高等学校 写真報道部のみなさん、ありがとうございました!



全4回でお送りした《高校生による》グランシップ文化講座『人口問題から未来を発明する』開催レポートはいかがでしたか?

高校生たちが自分たちの未来について考えるきっかけとなったようです。また、3人の講師の先生方や、ふじのくに文化情報センターの平野センター長と直接お話しできたことも、進学や就職を控えた若者たちの励みになり、今後について考える原動力にもなったと報告くださいました。

3回の全講座を受講された皆さんには、お名前入りの修了証をお渡ししました。

修了証 授与
(撮影:グランシップサポーター
 猪熊康夫)



ino55579

また、どんな分野のことでも、思っていることがあるなら、“友達と話してみる”ことや、そういう話をできる“場”を持つことも大事だと先生方に教えていただきました。

グランシップ文化講座はテーマを変えて、29年度も開催予定です。

ふじのくに文化情報センターは、今年度も地域で文化活動をする人たちに役立つ情報が提供される場、文化活動に関する情報や意見、アイディア等を相互に交換する場を皆さんと一緒に作っていきます。
まずは、月に2回入場無料・申込不要で開催している「こかげのまなびば」にどなたもお気軽にご参加ください!気になるテーマや講師がきっかけでも、ふらっと立ち寄っていただいても構いません!情報は、この、ふじのくに文化情報サイトFacebookでも発信しています。

皆さんとグランシップでお会いできるのを楽しみにしています!

Filed under: グランシップ文化講座 — admin @ 10:05 PM

2017 年 3 月 26 日

《高校生による》グランシップ文化講座『人口問題から未来を発明する』開催レポート③

文化情報スタッフブログ特別版
3月19日、20日に行われたグランシップ文化講座『人口問題から未来を発明する』に参加した高校生の開催レポートを全4回にわたり、お届けしています!

今回は、第1回講座『ランチセッション』に続き、第2回講座について 静岡県立富士高等学校 新聞部 に執筆いただきました。


第2回「パートナーシップ・親子から見た人口問題」

静岡県立富士高等学校 新聞部

第2回講座では、白井千晶先生(静岡大学人文社会科学部教授)が、「パートナーシップ・親子から見た人口問題」と題して講演をしてくださった。

第2回 白井先生

白井先生は家族社会学・医療社会学の専門の先生。
詳しい解説を交えながら講義する「子育て」、「子ども」についてのお話は、とても興味を持てる内容だった。

特に興味深いと感じたのは、男性の家事・育児時間が多いほど、出生率は高い傾向にあるということ。
先生の用意してくださった資料を見ると、世界各国、6歳未満児のいる夫婦で、夫が家事・育児にかける時間は、アメリカが2.6時間、イギリスが3.1時間、最も高かったカナダは3.9時間であった。これに対して、日本は世界で最も低く、わずか0.8時間。
近年、「イクメン」という言葉が流行する中で、未だに多くの日本人男性が、家事・育児に関わっていない事実は衝撃的だった。

もし男性が家事・育児に積極的になったら、夫婦の会話が増えて仲も良くなり、自然に「子どもは夫婦で育てる」という意識が持てるだろう。お互いに支え合い、助け合うことができれば、男性も女性も、仕事をしながら楽しく子育てができるはずだ。それはそのままの出生率の上昇につながるだろう。

さらに、日本には待機児童がまだ2万人以上もいる。この現状が続けば、働く女性は出産、仕事のどちらかを諦めざるを得なくなり、出生率も女性の進出率も下がってしまう恐れがある。そのような事態を防ぐためには、待機児童問題の改善は急務であると思う。

また、子育てを家族だけに任せるのは良くないと白井先生はおっしゃっていた。地域で、子どもの成長をあたたかく見守る取り組みを増やすことが必要だ。働く女性と子どもに優しい環境を整えることが、少子化問題を解決する第一歩になるのではないかと思った。

静岡県立富士高等学校 新聞部のみなさん、ありがとうございました!

次回は近日中に、連続講座の2日目に行われた、第3回「人口移動の現状と未来の地域社会」 について、静岡県立韮山高等学校 写真報道部に執筆いただいたブログを掲載予定です!


Filed under: グランシップ文化講座 — admin @ 11:15 AM

2017 年 3 月 25 日

《高校生による》グランシップ文化講座『人口問題から未来を発明する』開催レポート②

文化情報スタッフブログ特別版
3月19日、20日に行われたグランシップ文化講座『人口問題から未来を発明する』に参加した高校生の開催レポートを全4回にわたり、お届けしています!

今回は、第1回講座と第2回講座の間に行われた『ランチセッション』について 富士市立高等学校 報道部 に執筆いただきました。

グランシップ文化講座「人口問題から未来を開発する」取材レポート

『ランチセッション』

富士市立高等学校 報道部

ランチセッション

ランチセッションでは、世代も業種も異なる方々と3グループに分かれ、各講師の先生を囲んで積極的な話し合いが展開された。

テーマは静岡県の魅力発見。そのとっかかりとして、“静岡のここがキライ”をまず話すことに。

自己紹介をしながら、それぞれが考える静岡の課題をポストイットに書いて紹介した。
参加者のうち、山間部に住んでいる人からは交通の利便性について、最年少参加者の中学生からは、1クラスの人数についてなどその人達が各々置かれている場所や状況によって課題があるということが新鮮だった。考えてみれば、異なる環境にいる様々な世代の人々と静岡の課題を共有する機会が初めてだったからなのかも知れない。

高校生の意見に、真剣に耳を傾けてくれる壮年の方々の姿勢がとても嬉しかった。

どのグループでも共通して出てきた課題は雇用の創出や、長所でもあるややマイペース(?)な県民性だった。この文化講座に参加した動機もそれぞれだった。

定時制高校の教諭の方は、様々な家庭環境から来る生徒達への指導のヒントが欲しくて来たと語った。個人的には、同じ高校生が静岡の未来に課題意識を持って自ら参加したということに感動した。

まとめとして、ふじのくに文化情報センター平野雅彦センター長から、書家の武田双雲氏の言葉『~だからこそできること』(~部分はマイナスな要素)が紹介された。

一見不利と思える課題や要素を逆に魅力や強みに転換する発想が、地域の活性、そして人口問題の未来につながると感じることができた。

富士市立高等学校 報道部のみなさん、ありがとうございました!

次回はまた明日の更新予定、第2回「パートナーシップ・親子からみた人口問題」について、
静岡県立富士高等学校 新聞部に執筆いただいたブログを掲載します!お楽しみに!


Filed under: グランシップ文化講座 — admin @ 4:37 PM

2017 年 3 月 24 日

《高校生による》グランシップ文化講座『人口問題から未来を発明する』開催レポート①

今回の文化情報スタッフブログは特別版

3月19日、20日に行われたグランシップ文化講座『人口問題から未来を発明する』に参加した高校生の開催レポートを全4回にわたり、お届けします!

第一回の今回は 静岡県立吉原高等学校 広報部新聞班 に執筆いただきました。

人口問題から未来を発明する開催レポート

第一回 「人口問題の由来と本質」

静岡県立吉原高等学校 広報部新聞班

第一回講座では「人口問題の由来と本質」というテーマのもと、静岡県立大学学長、鬼頭宏先生が講話をしてくださった。

「幅広い世代の人に人口問題を語る鬼頭先生」

講義では、2010年のピーク以降、減少傾向にある国内総人口に視点が置かれ、人口の減少は私たちにとって悪いことなのか、それを生み出している現状こそが問題なのではないだろうか、という鬼頭先生の考えに基づき、これまでとは異なる視点から人口問題について考えることとなった。

ここで、国内の人口減少に大きく関わっているとして取り上げられた問題が、少子高齢問題だ。少子高齢「問題」というが、長生きができるようになったこと自体はむしろ喜ばしい事であり、医療の発達の証である。しかし、40年後には2.5人に一人が高齢者であると予測され、年金問題など誰がこれからの高齢者を支えていくのかといった問題が起こる。

また、東北地方や九州の一部の地域では、2040年までに2039歳までの女性が50%以上減少すると予測されており、このような事象が出生率を下げ、人口減少につながっていると考えられる。

こうした問題について、鬼頭先生は日本の少子化を起こるべきして起こった必然的なものだという考え方を示した。出生率の低下はいわば国家が豊かであるからこそであり、人口爆発による資源・環境問題の深刻化による静止人口実現への取り組みが、「子宝」という概念を無くしてしまったこと、また家族制度の変化によって生まれた出産に対する抑制意識などが少子化へ繋がっているのだ。

世界的に見ても先進国を中心に少子化が進んでいる。特に1974年の第一次石油危機や国連世界人口会議を背景とした70年代半ば以降の出生率の低下は著しい。こうした事象がきっかけで「静止人口」の実現を世界的に目指したものの、その後予想される人口減少の流れをどのように止めるかのシナリオを考えていなかったがために、現在も減少が続いているのだという。

また、歴史人口学を専門とする鬼頭先生ならではの、歴史的観点から人口減少を考えると、人口変化と文明システムには大きな関係がある。江戸時代に新たに生み出された技術は、やがて明治の文明となりそれらは現在の遺産として残されている。こうした新しい文明システムの転換が、人口増加へつながり、人口圧力が強まった結果、環境汚染や資源の枯渇が起こり、死亡率の上昇、出生率の低下を招く。歴史的に見るとこれらのサイクルが繰り返されているそうだ。

鬼頭先生は未来を発明するためには超高齢化社会や人口縮小社会への適応、また所得だけでなくそれぞれが幸せに生きる幸福度による豊かさなどの実現、つまり「21世紀文明をデザインする」ことが必要であるという。

最後に、鬼頭先生は私たちに、これからどんな社会を作りたいか、2060年の日本をどんな社会にしたいと思うかを自分で見出すことが未来を発明することだとおっしゃった。

2060年、私は60歳を迎えてもなお、現役で働いているのだろう。

遠い先のことだがいずれやってくる未来がどうあってほしいのか具体的に考えるよい機会となった。

静岡県立吉原高等学校 広報部新聞班のみなさん、ありがとうございました!

次回は明日の更新予定、ランチセッションについて富士市立高等学校 報道部に執筆いただいたブログを掲載します!お楽しみに!


Filed under: グランシップ文化講座 — admin @ 9:12 PM
文化芸術の総合相談窓口

ふじのくに文化情報への現在の登録件数

文化団体
275
アーティスト
73
文化施設
203
個人
73

登録はこちら

ご利用ガイド

  • グランシップ
  • アトリエふじのくに
  • ふじのくにささえるチカラ
  • ふじのくに文化資源データベース
  • しずおかイーブックス

ふじのくに文化情報への登録はこちらから

静岡県文化情報総合サイト「ふじのくに文化情報」に、ご登録いただきますと、様々な形式での情報発信が可能となります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。