ささえる、つなげる、創造する ふじのくに文化情報センター

2018 年 8 月 4 日

ふじのくに文化情報フォーラム2018 個別テーマ実践プログラム 第3回 開催しました!

7月29日(日)、“アイデアを実践に結びつける手法を学び、地域の課題を解決するワークショップ”第3回目を開催しました!

ワークショップを進めるプロジェクトはこの3つ。
①「地域のアーティストとまちをつなぐ」(三島市)
②「東海道で綴る、ワタシ旅」(静岡市)
③「地域の課題を現代アートで解決する」(掛川市)

第3回目の今回はワークショップの集大成、「アイデア地図と実行計画の作成」です。

前回までに作成した、第1回の「問題意識地図」第2回の「資源写真地図」をもとに、今回は、“では、具体的にどのような事業ができそうか” を考え、そして “それを実現させるための実行計画” をみなさんで作っていきます。

 
〈解決アイデア出しとイラストアイデアカードの作成〉
まずは、それぞれが考えきたアイデアをグループの中で共有し、そのアイデアをイラストにしていきます。
色鉛筆で絵を描くなんて○○年ぶり、という方もいらっしゃったのでは??
アイデアをイラストにすることで、実現のイメージがより鮮明になります。

 
〈地図の作成と優先度評価〉
作成したイラストアイデアカードを模造紙に並べ、グループ化、関係性づくり、グループごとにタイトル付けをし、「アイデア地図」を完成させます。
地図づくりの作業は3回目ということで、みなさん作業手順に段々と慣れてきたでしょうか。
そして、アイデア地図が完成したら、“どこから優先的に取り組むのか”、グループのみなさんの投票で優先度を付けます。

 
〈実行計画の作成〉
「アイデア地図」が完成して終わりではありません。実現のために大事なのは実行計画の作成!
実行計画表では、そのアイデアの「難易度」、「緊急度(いつまでにやるか)」、「役割分担(誰が主体的にやるのか、どこと協働するのか)」を話し合いながら決めていきます。
そして、計画がまとまったら、今後の実行に向けて、メンバー同士で役割分担、進め方の打合せ。(これも疎かにしがちですが重要ですよね)

 
最後にリーダーの皆さんに発表をしていただき、これで全3回のワークショップは終了。

これまで、何となくアイデアを出して、それを進めていこうとしても、実現までたどり着けないということがあったような…。
このワークショップは、ついつい事業を企画する時に疎かにしがちな行程一つ一つを確実に押さえていくことの重要性を、改めて感じさせてくれる機会にもなりました。
3月の「ふじのくに文化情報フォーラム2018」から生まれたプロジェクトが、ワークショップを通じて、実現に向かって行こうとしています。中にはもう既に動き始めているものも!

ワークショップで出た、数々のアイデアもこれからどのように形になっていくのか、この3つのプロジェクトにこれからも注目していきたいと思います。

講師の山浦晴男先生、アシスタントの深野裕士先生、
そして参加者のみなさん、ありがとうございました!
 

 

ふじのくに文化情報フォーラム2018 個別テーマ実践プログラム

◎ワークショップ スケジュール
【第1回】『問題意識地図の作成』
テーマごとに活動に関する課題や悩み、これから始めたい事などを意見交換し、「問題意識地図」
を作成します。

【第2回】『資源写真地図の作成』
各自が集めてきた写真を使用して分析をおこない、それぞれの地域における実態を把握します。

【第3回】『解決策地図と実行計画の作成』
実態把握を踏まえ、各自がイラストアイデアを持ち寄り、解決策地図を描き出します。
それを基に、実行計画を作成します。

◎プロジェクト
【1】「地域のアーティストとまちをつなぐ」(三島市)
三島市を中心とした県東部地域の文化・芸術活動を支援し、地域のアーティストが日常的に
活動できる街をつくる。
★グループメンバー:アルテ・プラーサ 坂田芳乃 ほか

【2】「東海道で綴る、ワタシ旅」(静岡市)
東海道の魅力を再発見し、多くの人たちに東海道を楽しんでもらうための、静岡市内の各宿場
エリアを中心とした地域づくり。
★グループメンバー:丁子屋14代目 柴山広行 ほか

【3】「地域の課題を現代アートで解決する」(掛川市)
掛川市北部の山間地、原泉地域において、現代アートの展示やアートプロジェクトによる地域課題
の解決や地域活性をする。
★グループメンバー:原泉アートプロジェクト 羽鳥祐子 ほか


講  師:山浦晴男(情報工房代表)
1948年長野県生まれ。中央大学卒。文化人類学者川喜田二郎氏のもとでKJ法の研究と普及に20年間従事。その後情報工房を設立、企業・行政・医療機関の人材育成や組織活性化、地域再生支援に携わる。現在、情報工房代表、千葉大学大学院特命教授、山梨県立大学大学院・名桜大学大学院・山口大学の非常勤講師、地域生存支援LLP組合員、看護質的統合法(KJ法)研究会顧問。著書に『地域再生入門 寄りあいワークショップの力』(ちくま新書、2015)、『住民・行政・NPO協働で進める 最新 地域再生マニュアル』(朝日新聞出版、2010)、『質的統合法入門 考え方と手順』(医学書院、2012)など。

 

2018 年 7 月 10 日

ふじのくに文化情報フォーラム2018 個別テーマ実践プログラム 第2回 開催しました!

7月1日(日)、“アイデアを実践に結びつける手法を学び、地域の課題を解決するワークショップ”第2回目を開催しました!

ワークショップを進めるプロジェクトはこの3つ。
①「地域のアーティストとまちをつなぐ」(三島市)
②「東海道で綴る、ワタシ旅」(静岡市)
③「地域の課題を現代アートで解決する」(掛川市)

第1回目に引き続き、ファシリテーターは、全国各地で地域再生に携わっておられる山浦晴男さん、アシスタントには深野裕士さん。

第2回目の今回は「資源写真地図の作成」。
参加者の皆さんにが宿題として各地域で撮影・取材をしてきた写真を使って、作業を進めていきます。
本日は計7時間のワークショップ。さあ、皆さんの体力は持つか!?

〈写真の精選〉
150程度の写真を机に広げて作業開始。
1人1人自分が撮影してきた写真を説明しながら、内容ごと仕分けを分類を進めていき、最終的には30枚程度の写真を抽出します。
写真は各プロジェクトの特徴が出ており、見ているだけでも面白いのですが、ちなみに掛川の原泉地区の写真は「緑」が多い!

〈写真の分析〉
抽出した写真を類似しているものでグループにし、それぞれのの関係性見つけます。
そして、写真ごとに解説を付け、グループごとに輪取り(丸で囲む)し、表札(要約した見出し文)を付けます。
更に大きなグループに出来そうなところを探し、輪取り、表札を付ける作業を繰り返し、グループ間の関係性を記号で表し、シンボルマークも記入して…、ようやく「資源写真地図」が完成!

この、写真に解説をつけたり、グループに要約をつける作業。皆さん、頭を働かせながら、悩みながら、考えながら文章を書いていきます。
根気のいる作業ですが、この作業が大事。
キーワードを出して何となくわかったような気持ちになってまとめることはできるのかもしれませんが、きちんと文章におとして、自分の身体で飲み込む作業をすることで、この資源写真地図も意味があるものになっていきます。

第1回に引き続き、今回も実践に向かっていくために一つ一つの作業を細かく確実に進めていきました。
皆さん、本当におつかれさまでした!

次回は、アイデアを出し合い、いよいよ実行計画を作成します。
さあ、どんな計画が出てくるか!次回第3回は、7月29日(日)開催です。

 

ふじのくに文化情報フォーラム2018 個別テーマ実践プログラム

◎ワークショップ スケジュール
【第1回】『問題意識地図の作成』
  テーマごとに活動に関する課題や悩み、これから始めたい事などを意見交換し、「問題意識地図」
  を作成します。

【第2回】『資源写真地図の作成』
  各自が集めてきた写真を使用して分析をおこない、それぞれの地域における実態を把握します。

【第3回】『解決策地図と実行計画の作成』
  実態把握を踏まえ、各自がイラストアイデアを持ち寄り、解決策地図を描き出します。
  それを基に、実行計画を作成します。

◎プロジェクト
【1】「地域のアーティストとまちをつなぐ」(三島市)
  三島市を中心とした県東部地域の文化・芸術活動を支援し、地域のアーティストが日常的に
  活動できる街をつくる。
  ★グループメンバー:アルテ・プラーサ 坂田芳乃 ほか

【2】「東海道で綴る、ワタシ旅」(静岡市)
  東海道の魅力を再発見し、多くの人たちに東海道を楽しんでもらうための、静岡市内の各宿場
  エリアを中心とした地域づくり。
  ★グループメンバー:丁子屋14代目 柴山広行 ほか

【3】「地域の課題を現代アートで解決する」(掛川市)
  掛川市北部の山間地、原泉地域において、現代アートの展示やアートプロジェクトによる地域課題
  の解決や地域活性をする。
  ★グループメンバー:原泉アートプロジェクト 羽鳥祐子 ほか


講  師:山浦晴男(情報工房代表)
1948年長野県生まれ。中央大学卒。文化人類学者川喜田二郎氏のもとでKJ法の研究と普及に20年間従事。その後情報工房を設立、企業・行政・医療機関の人材育成や組織活性化、地域再生支援に携わる。現在、情報工房代表、千葉大学大学院特命教授、山梨県立大学大学院・名桜大学大学院・山口大学の非常勤講師、地域生存支援LLP組合員、看護質的統合法(KJ法)研究会顧問。著書に『地域再生入門 寄りあいワークショップの力』(ちくま新書、2015)、『住民・行政・NPO協働で進める 最新 地域再生マニュアル』(朝日新聞出版、2010)、『質的統合法入門 考え方と手順』(医学書院、2012)など。

 

2018 年 6 月 15 日

ふじのくに文化情報フォーラム2018 個別テーマ実践プログラム 第1回 開催しました!

6月9日(土)、“アイデアを実践に結びつける手法を学び、地域の課題を解決するワークショップ”第1回目を開催しました!

参加いただいたプロジェクトはこの3つ。
①「地域のアーティストとまちをつなぐ」(三島市)
②「東海道で綴る、ワタシ旅」(静岡市)
③「地域の課題を現代アートで解決する」(掛川市)

ファシリテーターは、3月の「ふじのくに文化情報フォーラム2018」でも基調講演いただいた、情報工房の山浦晴男さん。長年KJ法の研究と普及に従事され、情報工房設立後、全国各地で地域再生に携わっていらっしゃいます。
そして、アシスタントには、裾野市でご活躍中のマチテラス製作所・深野裕士さん。

第1回目の今回は、はじめに、山浦先生に住民主体での地域づくりの必要性やその事例をご紹介いただき、その後グループごとワークショップをスタート。
ワークショップでは、山浦先生の手法を用いて「問題意識地図の作成」をしました。

<意見交換と意見カードの記入>
まずは、それぞれのプロジェクトについて、参加者それぞれが考えていることを付箋に書き出し、意見カードをつくります。

 

<問題意識地図をつくる>
意見カードを模造紙に貼っていき、カードをグループ分けし、グループに表札をつけ(要約する)、それぞれの関係性を記号で表し、地図を完成させます。

この、表札をつける作業や関係性を記号化する作業、細かく緻密な作業ですが、この細かい作業をきちんとすることで、バラバラだった情報が整理され、最終的にはプロジェクトごとの問題意識が明確になっていくのです。
今回、この作業の重要性を体感しました!

そして、最後にプロジェクトごと、完成した問題意識地図の発表。

終わってみれば、あっという間の5時間。参加者からは、“久しぶりに頭を使った~”という声も。長時間、お疲れ様でした。

次回は7月1日(日)、第2回「資源写真地図の作成」。
次回までに参加者それぞれが、地域の情報を写真取材をしながら集めてきます。

プロジェクトの今後の動きにも、是非ご注目ください!

文化芸術の総合相談窓口

ふじのくに文化情報への現在の登録件数

文化団体
280
アーティスト
78
文化施設
213
個人
80

登録はこちら

ご利用ガイド

  • グランシップ
  • アトリエふじのくに
  • ふじのくにささえるチカラ
  • ふじのくに文化資源データベース
  • しずおかイーブックス

ふじのくに文化情報への登録はこちらから

静岡県文化情報総合サイト「ふじのくに文化情報」に、ご登録いただきますと、様々な形式での情報発信が可能となります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。