ささえる、つなげる、創造する ふじのくに文化情報センター

2017 年 3 月 11 日

新たな夢二像を探って

静岡市美術館で2017年2月18日から3月26日まで「夢二と京都の日本画」展が開催されています。
展示は竹久夢二の作品と資料約80点に京都の日本画約40点を合わせた約120点を一堂に紹介されています。
その関連イベントとして3月4日に実施された講演会、「新たな夢二像を探って」に行ってきました。講師である新居浜市美術館館長の山野英嗣氏が、創作銅版画家で、作品・資料の収集も行っていた川西英のコレクションを手がかりに、新たな夢二像に迫りました。
川西コレクションにある夢二の作品・資料を調べていくと、これまであまり注目されてこなかった新たな夢二像に気付くことができます。それは「夢二式美人画」とも称された表現に加えて、夢二が当時の新たな表現=「前衛」に関心を寄せていたことです。このことは川西自身にも指摘でき、コレクションには日本の前衛的な動向を代表する村山知義や後年漫画家・田河水泡として活躍する高見澤路直の作品、さらにはロシアに生まれ日本で生活したワルワーラ・ブブノワの版画も含まれていたのも驚きであるとお話されました。
講師の山野氏が、美術家・美術作品について、違った方面から探求してみるとことが大切で、特に若い人に実践してもらいたいと語られたことが印象に残っています。今回の講演では、「川西コレクション」の作品・資料をとおして、夢二の「前衛」性という新たな面の理解を深めることが出来ました。

「夢二と京都の日本画」展は静岡市美術館にて3月26日まで開催されています。
ご興味のある方は是非。

文化情報サポーター S.I

Filed under: 未分類 — admin @ 5:11 PM
文化芸術の総合相談窓口

ふじのくに文化情報への現在の登録件数

文化団体
277
アーティスト
74
文化施設
206
個人
75

登録はこちら

ご利用ガイド

  • グランシップ
  • アトリエふじのくに
  • ふじのくにささえるチカラ
  • ふじのくに文化資源データベース
  • しずおかイーブックス

ふじのくに文化情報への登録はこちらから

静岡県文化情報総合サイト「ふじのくに文化情報」に、ご登録いただきますと、様々な形式での情報発信が可能となります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。