ささえる、つなげる、創造する ふじのくに文化情報センター

2017 年 3 月 26 日

《高校生による》グランシップ文化講座『人口問題から未来を発明する』開催レポート③

文化情報スタッフブログ特別版
3月19日、20日に行われたグランシップ文化講座『人口問題から未来を発明する』に参加した高校生の開催レポートを全4回にわたり、お届けしています!

今回は、第1回講座『ランチセッション』に続き、第2回講座について 静岡県立富士高等学校 新聞部 に執筆いただきました。


第2回「パートナーシップ・親子から見た人口問題」

静岡県立富士高等学校 新聞部

第2回講座では、白井千晶先生(静岡大学人文社会科学部教授)が、「パートナーシップ・親子から見た人口問題」と題して講演をしてくださった。

第2回 白井先生

白井先生は家族社会学・医療社会学の専門の先生。
詳しい解説を交えながら講義する「子育て」、「子ども」についてのお話は、とても興味を持てる内容だった。

特に興味深いと感じたのは、男性の家事・育児時間が多いほど、出生率は高い傾向にあるということ。
先生の用意してくださった資料を見ると、世界各国、6歳未満児のいる夫婦で、夫が家事・育児にかける時間は、アメリカが2.6時間、イギリスが3.1時間、最も高かったカナダは3.9時間であった。これに対して、日本は世界で最も低く、わずか0.8時間。
近年、「イクメン」という言葉が流行する中で、未だに多くの日本人男性が、家事・育児に関わっていない事実は衝撃的だった。

もし男性が家事・育児に積極的になったら、夫婦の会話が増えて仲も良くなり、自然に「子どもは夫婦で育てる」という意識が持てるだろう。お互いに支え合い、助け合うことができれば、男性も女性も、仕事をしながら楽しく子育てができるはずだ。それはそのままの出生率の上昇につながるだろう。

さらに、日本には待機児童がまだ2万人以上もいる。この現状が続けば、働く女性は出産、仕事のどちらかを諦めざるを得なくなり、出生率も女性の進出率も下がってしまう恐れがある。そのような事態を防ぐためには、待機児童問題の改善は急務であると思う。

また、子育てを家族だけに任せるのは良くないと白井先生はおっしゃっていた。地域で、子どもの成長をあたたかく見守る取り組みを増やすことが必要だ。働く女性と子どもに優しい環境を整えることが、少子化問題を解決する第一歩になるのではないかと思った。

静岡県立富士高等学校 新聞部のみなさん、ありがとうございました!

次回は近日中に、連続講座の2日目に行われた、第3回「人口移動の現状と未来の地域社会」 について、静岡県立韮山高等学校 写真報道部に執筆いただいたブログを掲載予定です!


Filed under: グランシップ文化講座 — admin @ 11:15 AM
文化芸術の総合相談窓口

ふじのくに文化情報への現在の登録件数

文化団体
276
アーティスト
74
文化施設
205
個人
73

登録はこちら

ご利用ガイド

  • グランシップ
  • アトリエふじのくに
  • ふじのくにささえるチカラ
  • ふじのくに文化資源データベース
  • しずおかイーブックス

ふじのくに文化情報への登録はこちらから

静岡県文化情報総合サイト「ふじのくに文化情報」に、ご登録いただきますと、様々な形式での情報発信が可能となります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。