ささえる、つなげる、創造する ふじのくに文化情報センター

2017 年 4 月 1 日

《高校生による》グランシップ文化講座『人口問題から未来を発明する』開催レポート④

文化情報スタッフブログ特別版
3月19日、20日に行われたグランシップ文化講座『人口問題から未来を発明する』に参加した高校生の開催レポートを全4回にわたり、お届けしています!

●第1回「人口問題の由来と本質」 静岡県立吉原高等学校 広報部新聞班
●『ランチセッション』 富士市立高等学校 報道部
●第2回「パートナーシップ・親子から見た人口問題」 静岡県立富士高等学校 新聞部

お待たせしました!最終回の今回は、第3回講座について 静岡県立韮山高等学校 写真報道部 に執筆いただきました。



第3回「人口移動の現状と未来の地域社会」

静岡県立韮山高等学校 写真報道部

3月20日、グランシップ文化講座『人口問題から未来を発明する』の第3回が行われました。

第3回は「人口移動の現状と未来の地域社会」をテーマとして、静岡県立大の岸昭雄先生からお話がありました。

ino55315

(撮影:グランシップサポーター
 猪熊康夫)



先生はコンパクトシティによるまちづくりを提言し、少子高齢化・人口減少下での社会のあり方を提案。また、社会計画を立る上でその計画の影響を最も受けるのは若者たちだとし、若者のまちづくりへの積極的な参加の必要性も話しました。

ino55380(撮影:グランシップサポーター
 猪熊康夫)



p3200040(撮影:グランシップスタッフ)


講座終了後に行われた岸先生と静岡県立大学長の鬼頭先生のトークセッションでは多くの質問が会場からもあり、大変な盛り上がりを見せました。

静岡県立韮山高等学校 写真報道部のみなさん、ありがとうございました!



全4回でお送りした《高校生による》グランシップ文化講座『人口問題から未来を発明する』開催レポートはいかがでしたか?

高校生たちが自分たちの未来について考えるきっかけとなったようです。また、3人の講師の先生方や、ふじのくに文化情報センターの平野センター長と直接お話しできたことも、進学や就職を控えた若者たちの励みになり、今後について考える原動力にもなったと報告くださいました。

3回の全講座を受講された皆さんには、お名前入りの修了証をお渡ししました。

修了証 授与
(撮影:グランシップサポーター
 猪熊康夫)



ino55579

また、どんな分野のことでも、思っていることがあるなら、“友達と話してみる”ことや、そういう話をできる“場”を持つことも大事だと先生方に教えていただきました。

グランシップ文化講座はテーマを変えて、29年度も開催予定です。

ふじのくに文化情報センターは、今年度も地域で文化活動をする人たちに役立つ情報が提供される場、文化活動に関する情報や意見、アイディア等を相互に交換する場を皆さんと一緒に作っていきます。
まずは、月に2回入場無料・申込不要で開催している「こかげのまなびば」にどなたもお気軽にご参加ください!気になるテーマや講師がきっかけでも、ふらっと立ち寄っていただいても構いません!情報は、この、ふじのくに文化情報サイトFacebookでも発信しています。

皆さんとグランシップでお会いできるのを楽しみにしています!

Filed under: グランシップ文化講座 — admin @ 10:05 PM
文化芸術の総合相談窓口

ふじのくに文化情報への現在の登録件数

文化団体
277
アーティスト
75
文化施設
206
個人
77

登録はこちら

ご利用ガイド

  • グランシップ
  • アトリエふじのくに
  • ふじのくにささえるチカラ
  • ふじのくに文化資源データベース
  • しずおかイーブックス

ふじのくに文化情報への登録はこちらから

静岡県文化情報総合サイト「ふじのくに文化情報」に、ご登録いただきますと、様々な形式での情報発信が可能となります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。