ささえる、つなげる、創造する ふじのくに文化情報センター

2017 年 4 月 21 日

富士山を背に大型クルーズ船が清水港に  ぶらぶら散歩  in  しみず(4)

4月12日朝、清水港にクルーズ船クリスタル・シンフォニーが入港しました。総トン数51,044t、全長238m、乗客定員922名のバハマ船籍の船です。
前日来の雨も上がり、久しぶりに顔を出した富士山をバックに入港する姿は圧巻!!
クルーズ船クリスタル・シンフォニー

富士山は恥ずかしがり屋さんなのか、クルーズ船が入港するとき、姿を見せることは少ないのです。この日は外国からのお客さんや迎えた我々にとっても運の良い朝でした。

今年 1月末、清水港が国土交通省の「国際クルーズ拠点」に選出され、昨年からおこなわれてきた大型クルーズ船の係留設備も改良されました。そして今年度は39回の寄港が予定されています。
海外からのお客様には富士山、久能山東照宮、日本平、三保の松原ほかの景色や文化、さらにお茶、イチゴ、メロンに代表される新鮮な食べ物など静岡県独自の素晴らしさを満喫していただきたいものです。
今日のお客さんにはいろいろなオプションが準備されているようですが、ガイドさんのお話によると富士山5合目、富士宮浅間大社などを回る予定だそうです。
また、クルーズ船の寄港1回当たり約6,000万円ともいわれている経済効果も期待されます。

今回は”クルーズ船を見る”ポイントを紹介します。寄港中はマリン・ターミナル2階の送迎デッキや埠頭が開放されますのでまさに間近に船を見ることができます。また、船ですから海に浮かんだ状態を見たいものです。送迎デッキではやや上から、また埠頭の先端では海抜1mの位置から見上げることができます。

マリンターミナル2階 送迎デッキ

マリンターミナル2階 送迎デッキ

寄港中のクルーズ船

寄港中のクルーズ船

クルーズ船の入港時の様子を見たい時には注意が必要です。たとえば8:00入港の場合、40分前ぐらいから待機する必要があります。船が三保半島の先端に姿を現してから港に到着するまでに要する時間はおおよそ15から20分ぐらいです。その後、少し時間をかけて、予定時間ほぼぴったりに接岸するわけです。
また、飛鳥Ⅱは、送迎デッキの目の前で船首を180度旋回し、出港する準備を整えた形で接岸します。外国クルーズ船の多くは入港時はそのまま接岸し、出港時はバックで出て、港内で方向を変えて駿河湾に向かいます。

旋回する飛鳥Ⅱ

旋回する飛鳥Ⅱ

さらに船の形から見ると、船首は鋭い鳥のくちばしのようになっていますが船による違いはあまり感じません。一方、船尾は船によって様々です。個人的には飛鳥Ⅱの丸みを帯びた姿が好きです。

飛鳥Ⅱの丸みを帯びた船尾

飛鳥Ⅱの丸みを帯びた船尾

4月中旬からGWの終わりまで、クルーズ船7回の寄港が予定されていますので見に来てください。入港情報は清水客船誘致委員会HPで公開しています。

文化情報サポーターT.S.

<ぶらぶら散歩 in しみず>
健康維持を目的にWalkingを日課としている文化情報サポーターT.S.が清水区内のイベント情報や文化、歴史、季節の移り変わりなどを定期的にご紹介。

Filed under: ぶらぶら散歩 in しみず — admin @ 2:05 PM
文化芸術の総合相談窓口

ふじのくに文化情報への現在の登録件数

文化団体
277
アーティスト
75
文化施設
206
個人
77

登録はこちら

ご利用ガイド

  • グランシップ
  • アトリエふじのくに
  • ふじのくにささえるチカラ
  • ふじのくに文化資源データベース
  • しずおかイーブックス

ふじのくに文化情報への登録はこちらから

静岡県文化情報総合サイト「ふじのくに文化情報」に、ご登録いただきますと、様々な形式での情報発信が可能となります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。