ささえる、つなげる、創造する ふじのくに文化情報センター

2017 年 8 月 30 日

K’s pro.20th Anniversary公演『Black Bird』

青い鳥が羽音をたてて飛び去ってしまった瞬間「あぁ終わってしまった・・・」
もっとこの夢幻を観ていたかった、夢から覚めないでほしいと思った。

静岡で全国一の暑さを記録した8月26日(土)の夜。静岡県舞台芸術公園「有度」で行われた K’s pro.20th Anniversary公演「Black Bird」は忘れられない歴史的な公演となりました。
この春3月にK’s pro.は独創性の高いコンテンポラリーダンスの発展と普及に貢献してきた成果が認められ、県文化財団から「ふじのくに文化活動賞」を受賞した。
そして今年は節目の第20回公演。記念碑的な作品になるに違いない!
大勢の方が期待していたのでしょう、芸術公園の駐車場が満車の大盛況!!
入場出来ない観客が発生!シャトルバスで再度、来場してもらう事態に!
ステージ上で状況の説明と理解を求める構成・演出の陰山 泰さん。
観客を乗せたシャトルバスの到着を待つ事に。
K’s pro.がプロなら、この日の観客もプロだ。代表の森本京子先生もスタートが遅れるお詫びをしながら最前列の子供達に「遊ぼうか」と、サイドを編んだヘアースタイルの京子先生がステージから降りて観客とじゃれあう姿がもう作品に登場するミチルに見えた。オープニングにもなりそうな、この「美しい事件」の30分後に開演した。

公演は本当に素晴らしかった。森本バレエの選抜メンバーK’s pro.と京子先生と相性抜群のダンサー西川 卓さん。ゲストミュージシャンの和太鼓奏者はせみきたさん、ヴァイオリン奏者の柴田奈穂さんという鉄壁な布陣で、幸せの青い鳥を探すチルチルとミチルの物語を幻想的に表現!
特に際立ったのは、しなやかでウオームな青い鳥の群舞と豪快な中にも繊細さを感じさせるエレクトリックなヴァイオリン。そして筋骨流々な広背筋から振り下ろされるはせみきたさんのバチさばき!「有度」を揺さぶる和太鼓とのアンサンブルに観客の度肝を抜いたのである!!

チルチルとミチル~西川さんと京子先生のダンスは至高のダンスでしたね。
京子先生の情緒豊かなダンスと、二年振りの出演が跳躍力を倍増させていた西川さんのダンス。
彩り豊かな夢の世界を、魅力溢れる振付けと演出で、そして震えるような炎のダンスの凄みを堪能したのでありました。

K’s pro.結成20年、おめでとうございます。

文化情報サポーターK.S

Filed under: 未分類 — admin @ 12:38 PM
文化芸術の総合相談窓口

ふじのくに文化情報への現在の登録件数

文化団体
277
アーティスト
75
文化施設
206
個人
77

登録はこちら

ご利用ガイド

  • グランシップ
  • アトリエふじのくに
  • ふじのくにささえるチカラ
  • ふじのくに文化資源データベース
  • しずおかイーブックス

ふじのくに文化情報への登録はこちらから

静岡県文化情報総合サイト「ふじのくに文化情報」に、ご登録いただきますと、様々な形式での情報発信が可能となります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。