ささえる、つなげる、創造する ふじのくに文化情報センター

ホーム > イベント情報 > 特別展「墨外ー截金で描く仏画ー」

特別展「墨外ー截金で描く仏画ー」

 田中墨外(1877〜1957)は日本画家の橋本雅邦に師事し、仏画を多く描きました。その特徴は、中世の仏画制作の特徴である截金(きりかね)を復活させて、日本画を用いたことにありました。狩野派を学び、新たな表現を加えた画家でありながら、売るための画は描かない、という信念を貫いた墨外を紹介します。
開催日 2018年11月10日(土) ~ 2019年01月20日(日) まで
開催日補足 休館日:月曜日(12 月24 日、1 月1 日~4日、1 月14 日は開館)
開催時間 9:30~16:30(11 月10 日(土)は10:30 開館)
市町村 静岡市清水区港町2−8−11
会場 フェルケール博物館
駐車場 あり
主催・共催・後援など
問い合わせ先 フェルケール博物館
問い合わせ先TEL 054-352-8060
ホームページ
備考
文化芸術の総合相談窓口

ふじのくに文化情報への現在の登録件数

文化団体
280
アーティスト
79
文化施設
213
個人
81

登録はこちら

ご利用ガイド

  • グランシップ
  • アトリエふじのくに
  • ふじのくにささえるチカラ
  • ふじのくに文化資源データベース
  • しずおかイーブックス

ふじのくに文化情報への登録はこちらから

静岡県文化情報総合サイト「ふじのくに文化情報」に、ご登録いただきますと、様々な形式での情報発信が可能となります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。