ささえる、つなげる、創造する ふじのくに文化情報センター

ホーム > イベント情報 > SPAC秋→春のシーズン2018-2019 #2『歯車』

SPAC秋→春のシーズン2018-2019 #2『歯車』

芥川龍之介の最晩年の小説を、多田淳之介が舞台化!

昭和二年に自死した後に発表された小説『歯車』は、ある男が知人の結婚披露式への出席のために上京し、ホテルに滞在しながら執筆を行なう数日を描いている。義兄の訃報をはじめ、破滅や死への不安に襲われながらも心を平静に保とうと執筆に向かう姿は、最期の刻を間近にした芥川本人の姿にも重なる。劇団「東京デスロック」主宰として国内外で活躍の場を広げ、埼玉県の富士見市民文化会館キラリ☆ふじみの芸術監督を務める多田淳之介、初のSPAC演出作。
開催日 2018年11月24日(土) ~ 2018年12月15日(土) まで
開催日補足
開催時間 各日14:00開演
市町村 静岡市駿河区東静岡2丁目3-1 グランシップ内
会場 静岡芸術劇場
駐車場 あり
主催・共催・後援など 文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
問い合わせ先 SPACチケットセンター<受付時間 10:00〜18:00>
問い合わせ先TEL 054-202-3399
ホームページ http://spac.or.jp/haguruma_2018.html
備考
文化芸術の総合相談窓口

ふじのくに文化情報への現在の登録件数

文化団体
280
アーティスト
79
文化施設
213
個人
81

登録はこちら

ご利用ガイド

  • グランシップ
  • アトリエふじのくに
  • ふじのくにささえるチカラ
  • ふじのくに文化資源データベース
  • しずおかイーブックス

ふじのくに文化情報への登録はこちらから

静岡県文化情報総合サイト「ふじのくに文化情報」に、ご登録いただきますと、様々な形式での情報発信が可能となります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。