ささえる、つなげる、創造する ふじのくに文化情報センター

念仏踊

念仏踊とは

念仏踊とは

死者の霊を供養するために、念仏や和讚(わさん)を唱えながら太鼓や鉦を叩いて踊る、踊り念仏が芸能化したものです。

団体一覧

「念仏踊」の団体については、下記よりご覧いただけます。

Youtube下記ページより、民俗芸能の映像をご鑑賞していただけます。再生する際は、Youtubeの「ふじのくに文化情報チャンネル」に移動します。映像は無料で観ることができます。

滝沢の放歌踊(たきざわのほうかおどり)

動画を見る

(1分9秒)

開催場所 浜松市北区滝沢町
団体名 滝沢放歌踊り保存会
特徴 「滝沢の放歌踊」は、浜松市北区滝沢町で毎年8月13~15日にわたって行われる盆行事です。8月13日夕刻、林慶寺で全集落の先祖に回向した後、頭役を先頭に幟(のぼり)、笛、切太鼓、双盤(鉦:かね)、供回りの総勢30人ほどの一行が初盆宅を回る。回向を頼まれた初盆宅では、前庭で双盤の音を合図に、蝶が舞うように切太鼓を打つ「大念仏」が始まり、これが終わると「放歌踊り」を披露します。衣裳は揃いの浴衣に手甲と脚絆を付け、鳥追い笠をかぶります。2人1組となって向かい合い、笛の音に合わせてブッキリと呼ぶ打ち方で太鼓を敲き踊ります。次第に動きが激しくなってきたところでオカメとヒョットコが登場し、ヒョットコは片面ずつ「神」「仏」と書いた大団扇を振りかざしながら庭を飛び回り笑わせます。この「滝沢の放歌踊」は愛知県新城市に伝えられる「放下踊り」が伝来したといわれています。【県指定無形民俗文化財】

しずおかの民俗芸能トップへ

文化芸術の総合相談窓口

ふじのくに文化情報への現在の登録件数

文化団体
280
アーティスト
79
文化施設
213
個人
81

登録はこちら

ご利用ガイド

  • グランシップ
  • アトリエふじのくに
  • ふじのくにささえるチカラ
  • ふじのくに文化資源データベース
  • しずおかイーブックス

ふじのくに文化情報への登録はこちらから

静岡県文化情報総合サイト「ふじのくに文化情報」に、ご登録いただきますと、様々な形式での情報発信が可能となります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。