ささえる、つなげる、創造する ふじのくに文化情報センター

ホーム > 文化団体探訪 > 第10回 小泉八雲顕彰会

第10回 小泉八雲顕彰会

更新日時2011.12.27

八雲が愛した風土とともに敬愛の心で紡いでいく。

写真小泉八雲が焼津を訪れたのは、日本に帰化した翌年。アイルランド人ラフカディオ・ハーンではなく、日本人として眺めた焼津の海が取り持った縁、それが今なお続いている。

さすらいの作家、小泉八雲の魅力については、世界中の文学者が研究を重ねるところだが、その一つに説話や伝承などの編み直しの妙がある。昔話に材を求めながら、独特の感性と巧みな語り口によって蘇生・再生された物語は実に多い。

そして、それと同じような仕事をこの団体に見ることもできる。八雲の足跡を辿り、彼の目線で風土を慈しみ、彼の言葉を追いながら、守り伝えていく。八雲という財産を今に生きる会員たちが愛し、それぞれ感性で伝えていくという行為にも、やはり編み直しの妙味を感じずにはいられないのである。

命日前後に開かれる「八雲忌講習会」には、八雲ゆかりの各地から多くの参加者があるという。そうしたしなやかな交流のあり方もまた八雲らしいところだ。

当該団体詳細情報
文化芸術の総合相談窓口

ふじのくに文化情報への現在の登録件数

文化団体
277
アーティスト
75
文化施設
206
個人
77

登録はこちら

ご利用ガイド

  • グランシップ
  • アトリエふじのくに
  • ふじのくにささえるチカラ
  • ふじのくに文化資源データベース
  • しずおかイーブックス

ふじのくに文化情報への登録はこちらから

静岡県文化情報総合サイト「ふじのくに文化情報」に、ご登録いただきますと、様々な形式での情報発信が可能となります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。