ささえる、つなげる、創造する ふじのくに文化情報センター

ホーム > 文化団体探訪 > 第15回 三島ゆうすい会

第15回 三島ゆうすい会

更新日時2013.04.02

渾々と湧き出る水の都へ澱みない活動は続く。

写真三島の水は特別だ。長い時間をかけて富士山から辿り着く、霊峰からの「いただきもの」なのである。雪解け水は岩や砂にろ過された後、清廉な水となって湧き出す。「この水が一度沈み、湧き上がるところに価値がある。人間の思想も同じだ」と、会の立ち上げに尽力し、名誉顧問を務める詩人・大岡信氏はいう。

「渾々」とは水が尽きることなく湧く様子を表す言葉だが、日本の成長と引き換えに、気づけば三島の水は枯渇化に向かっていた。そこで立ち上がったのが本会である。願うは、湧水の復活と水の町づくり。節水や流域の清掃活動、勉強会、市民参加のイベントをはじめ、市民・行政・企業が連携した源兵衛川のせせらぎ再生に向けた取り組みなど、発足から二十数年、水を中心とした多面的な活動をこまやかに展開している。

水の復元は、町の復元、故郷を思う心の復元にもつながる。三島の水のごとく、一度沈んだ人々の心をわき立たせ、澱むことなく取り組む会の今後に注目したい。

当該団体詳細情報
文化芸術の総合相談窓口

ふじのくに文化情報への現在の登録件数

文化団体
277
アーティスト
74
文化施設
206
個人
75

登録はこちら

ご利用ガイド

  • グランシップ
  • アトリエふじのくに
  • ふじのくにささえるチカラ
  • ふじのくに文化資源データベース
  • しずおかイーブックス

ふじのくに文化情報への登録はこちらから

静岡県文化情報総合サイト「ふじのくに文化情報」に、ご登録いただきますと、様々な形式での情報発信が可能となります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。