ささえる、つなげる、創造する ふじのくに文化情報センター

ホーム > 文化団体探訪 > 第18回 浜松スペースハンタークラブ

第18回 浜松スペースハンタークラブ

更新日時2014.01.10

遙かな宇宙に胸躍らせる人々。天井の謎に思いを馳せ、地上で解く。

写真江戸時代、浜松市内に落下したとされる<笹ヶ瀬隕石>は、静岡県の天然記念物だが、この落下年代について40数年をかけて調査し、落下日を特定したのが本クラブである。国立科学博物館に申請し、異例のデータ変更が行われたことが昨春話題となった。

驚きは二つある。まず、300年前の隕石の来歴も緻密な調査によって掴めるのだということ。そして、それが愛好家によって成し遂げられたということだ。

日頃、私たちは宇宙に浮かぶ星の一つに住んでいることを忘れがちである。見たいと思ってどんなに目を近づけても見えないものが、視線を遠く遙かに投げることによって存在が明らかになる、という不思議…。クラブのホームページには、彗星・新星発見や流星観測の記録をはじめ、<月>という地名に関する記事など、活動は天上から地上にまで及んでいる。そこからはメンバー間のあたたかなやりとりも垣間見られ、自称<小さな天文同好会>の魅力がいっぱいだ。

文化芸術の総合相談窓口

ふじのくに文化情報への現在の登録件数

文化団体
276
アーティスト
74
文化施設
205
個人
73

登録はこちら

ご利用ガイド

  • グランシップ
  • アトリエふじのくに
  • ふじのくにささえるチカラ
  • ふじのくに文化資源データベース
  • しずおかイーブックス

ふじのくに文化情報への登録はこちらから

静岡県文化情報総合サイト「ふじのくに文化情報」に、ご登録いただきますと、様々な形式での情報発信が可能となります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。