ささえる、つなげる、創造する ふじのくに文化情報センター

2013 グランシップ賞

「交感する身体」浅野 暢晴

展示:平成25年3月~5月

彼らの名前は「トリックスター」と言い、様々な神話の中で物語を展開する存在として現れます。彼らの足が3本あるのは、2本(人間)と4本足(動物)の間に立つ存在だからです。ショーウィンドウに並べられた22体のトリックスターは前に進むごとに少しずつ変化していきます。自然との交感を通じて、自然の中から現れ、消失していく身体を表現しました。

 

[素材]陶

プロフィール

浅野 暢晴

1979 茨城県生まれ
2001  茨城大学教育学部美術コース 卒業
2004 筑波大学大学院修士課程彫塑分野 修了
陶を主な素材に「トリックスター」という名を持つ彫刻作品を制作している。

 

<展示経歴等>
2004年 第9回日本現代陶彫展「銀賞」セラテクノ土岐
2005年 彫刻家する空間/水戸市立博物館
2008年 カフェ・イン・水戸2008/水戸芸術館
2014年 無何有の祭り/常盤國總社宮
2017年 中之条ビエンナーレ/親都神社

 

一覧に戻る

文化芸術の総合相談窓口

ふじのくに文化情報への現在の登録件数

文化団体
288
アーティスト
82
文化施設
217
個人
83

登録はこちら

ご利用ガイド

  • グランシップ
  • アトリエふじのくに
  • ふじのくにささえるチカラ
  • ふじのくに文化資源データベース
  • しずおかイーブックス

ふじのくに文化情報への登録はこちらから

静岡県文化情報総合サイト「ふじのくに文化情報」に、ご登録いただきますと、様々な形式での情報発信が可能となります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。