ささえる、つなげる、創造する ふじのくに文化情報センター

2017 グランシップ賞

「都市」松藤 孝一

展示:平成29年9月~30年3月

太古の昔から哺乳類は、緑色光に高い感受性があり、その特性は警告としての認識でもあるそうだ。私が用いたウランガラスは、まさにその光を発する素材である。ウランを含有したガラスは紫外線などのエネルギーを与えられると、とても綺麗な蛍光を放つ。しかし、たった1%未満のウランで光り輝くガラスからは、物質としてのウランが地球上でどれだけの力を持っているかが、目に見えて理解できる。

 

[素材]ウランガラス

プロフィール

松藤 孝一

1973年長崎で生まれ、高校まで佐賀で育つ。1995年愛知教育大学卒業後、財団法人ポーラ美術振興財団の在外研修助成により渡米。2001年イリノイ州立大学美術学部修士課程を修了。現在、富山と名古屋を拠点に活動。

一覧に戻る

文化芸術の総合相談窓口

ふじのくに文化情報への現在の登録件数

文化団体
288
アーティスト
82
文化施設
217
個人
83

登録はこちら

ご利用ガイド

  • グランシップ
  • アトリエふじのくに
  • ふじのくにささえるチカラ
  • ふじのくに文化資源データベース
  • しずおかイーブックス

ふじのくに文化情報への登録はこちらから

静岡県文化情報総合サイト「ふじのくに文化情報」に、ご登録いただきますと、様々な形式での情報発信が可能となります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。