ささえる、つなげる、創造する ふじのくに文化情報センター

ホーム > お役立ち情報トップ > お役立ちBOOK > 第10回 ソーシャルデザインのヒント集

第10回 ソーシャルデザインのヒント集

更新日時2016.07.23

本のタイトル
ソーシャルデザイン - 社会をつくるグッドアイデア集
著作者
グリーンズ
出版・発行
朝日出版社
発行年月日
2012年1月10日
本体価格
本体940円(税別)

・未来はもっと素敵だと思いますか?
・自分の手で、未来をもっと素敵にできると思いますか?
私はこの本を開くたび、冒頭にあるこの質問に、まずはじっくりと向き合います。

ソーシャルデザインという言葉をよく耳にするようになったのはいつからでしょうか。ふわりとしたイメージで定義も人それぞれなところがありますが、ここでは「より素敵な社会を作ること」が目的だという共通点を掲げています。編著者は、”ほしい未来”をつくるためのヒントを共有するウェブマガジン『greenz.jp』を運営するNPOグリーンズ。私が静岡で開催している「グリーンドリンクス静岡」を始めたきっかけは、既にグリーンズによって東京で開催されていたグリーンドリンクスに参加する機会があり(誘ってくれた恩人に感謝)、そのコンセプトに共感したからでした。未来志向なグリーンズが考えるソーシャルデザインとは「社会的な解決と同時に、新たな価値を創出する画期的な仕組みをつくること」。その具体的な事例が、わかりやすい文章でまとめられている一冊です。

初めてこの本を読んだ時は、自分が活動する中で大切にしていることや思い描く”素敵な未来”と重なる部分が多く勇気づけられました。私は良くも悪くも、直感型。理論を言葉にしないまま動き出してしまう性格なので、不安を覚えることもあります。このままで良いのだろうか、進むべき方向はこちらで良かったかなと。そんな時にこの本を読み直すと心がじんわりあたたかくなり、大切なものや目指している未来が共通している人たちが世界中にいることを思い出すのです。そして「そのまま進もう、大丈夫」と背中を押してもらえたり、逆に「何か違和感を感じる」と思考を軌道修正することもできるのです。

もし今あなたが、より良い未来のために一歩踏み出したいと思っているなら、この本の中から自分の心と共鳴するエピソードを見つけてみるのも良いかもしれません。それはきっと歩み始めた後にも、自分の原点を確認するための支えになってくれると思います。



[ プロフィール ]
井上泉(いのうえ・いずみ)
静岡市生まれ。2010年より”持続可能な静岡"をキーワードに対話する会「グリーンドリンクス静岡」を主宰。2014年、主に静岡市を舞台に、豊かなまち・持続可能なまち・平和なまちを目指すプロジェクト「シズオカオーケストラ」を企画。http://shizuoka-orchestra.com/

文化芸術の総合相談窓口

ふじのくに文化情報への現在の登録件数

文化団体
280
アーティスト
75
文化施設
207
個人
77

登録はこちら

ご利用ガイド

  • グランシップ
  • アトリエふじのくに
  • ふじのくにささえるチカラ
  • ふじのくに文化資源データベース
  • しずおかイーブックス

ふじのくに文化情報への登録はこちらから

静岡県文化情報総合サイト「ふじのくに文化情報」に、ご登録いただきますと、様々な形式での情報発信が可能となります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。