ささえる、つなげる、創造する ふじのくに文化情報センター

ホーム > 文化団体探訪 > 第48回 登呂会議

第48回 登呂会議

更新日時2018.09.15

登呂が教えてくれる「生きる原点」を体感して

  • 登呂は、単なる遺跡や古代の暮らしの復元ではなく、食べるとは、住まうとは、生きるとは何かを考えさせてくれるメッセージが詰まっています。

「未来へ続く社会を創るために、今の暮らしを見直すきっかけになれば」。そんな思いを込めて2011年、国指定特別史跡登呂遺跡・静岡市立登呂博物館のリニューアルとともに発足し、先人の知恵と工夫を学ぶ体験型プログラムを開いています。13年~15年の講座ARTORO「土がぼくらにくれたもの」では、田んぼの土で土器をつくり、同じ田土で稲を栽培。秋に米を土器で煮炊きして食し、「土から作る・食べる・生きる」を体感しました。昨年度は、「一つ屋根で暮らす」をテーマに各方面からプロフェッショナルを招き、「なぜ、登呂の地を選んだのか?」を探りました。今後は稲藁を屋根に使い、人間が発明した最たる道具「住まい」を作ることを計画しています。

文化芸術の総合相談窓口

ふじのくに文化情報への現在の登録件数

文化団体
286
アーティスト
80
文化施設
217
個人
83

登録はこちら

ご利用ガイド

  • グランシップ
  • アトリエふじのくに
  • ふじのくにささえるチカラ
  • ふじのくに文化資源データベース
  • しずおかイーブックス

ふじのくに文化情報への登録はこちらから

静岡県文化情報総合サイト「ふじのくに文化情報」に、ご登録いただきますと、様々な形式での情報発信が可能となります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。