ささえる、つなげる、創造する ふじのくに文化情報センター

ホーム > 文化団体探訪 > 第34回 日本茶道塾

第34回 日本茶道塾

更新日時2016.12.10

文化としての「茶」を知り、学び、伝えていく。

  • 学ぶだけではなく、「伝え」「もてなせる」人材の育成を目標に、新点前や静岡オリジナル移動茶室など新しいスタイルの茶文化を創造・発表し続けています。

古くから茶の名産地として知られてきた静岡県。明治期の大開墾以降は海外への輸出も増え、静岡茶は世界に誇るブランドを確立しました。一方で、県民一人ひとりにとって「茶」はあまりにも身近な存在。そのものが「文化」であるという認識が薄いという課題もあります。そのため、あらためて深い歴史を認識し、誰もが茶文化を楽しめるよう時代に合わせた新しいかたちで発信していくことを重要な責務としています。活動内容は、講演会や冊子を通じた歴史文化の共有、文化財や国宝にふれながら質の高い茶文化を体感する機会の創出など、幅広く多彩。茶を楽しみつつ交流し、その魅力を次世代へと伝えられるよう様々な取り組みを進めています。

当該団体詳細情報
団体ホームページへ
文化芸術の総合相談窓口

ふじのくに文化情報への現在の登録件数

文化団体
275
アーティスト
73
文化施設
203
個人
73

登録はこちら

ご利用ガイド

  • グランシップ
  • アトリエふじのくに
  • ふじのくにささえるチカラ
  • ふじのくに文化資源データベース
  • しずおかイーブックス

ふじのくに文化情報への登録はこちらから

静岡県文化情報総合サイト「ふじのくに文化情報」に、ご登録いただきますと、様々な形式での情報発信が可能となります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。