ささえる、つなげる、創造する ふじのくに文化情報センター

2017 年 12 月 11 日

「世界にはばたく女性」講演会(第6回)

今、日本では変革、特に「女性が輝く社会」の構築が求められています。
社会の第一線で輝く女性たちが自らの歩み、思い、夢などを「次代を担う若者たち」に語り、未来へはばたく希望と勇気を与えるための公開講座『世界にはばたく女性』の講演会が12月2日(土)に静岡市葵区の静岡雙葉学園で開催されました。

第6回目の講演は『世界の人々と未来を創る』をテーマに、講師は静岡雙葉学園の卒業生である仲本千津さん、法月里野さん、成島洋子さん、同窓生3名が講演やパネル討論を通し、世界との関わりで得た価値観や仕事にかける思いをお話しされました。

仲本さんはウガンダで出会った女性たちと、日本に暮らすお母様と共に、カラフルでプレイフルなアフリカ布を使用したバックやトラベルグッズの企画・製造・販売する株式会社RICCI EVERYDAYを設立されています。会社の従業員は15人で、シングルマザーが多いそうです。商品は、静岡では三保原屋、伊勢丹で販売されています。今後は商品の生産を南スーダンで、販売はオーストラリア、アメリカのロス等を考えているそうです。
ウガンダはナイル川の源流であるビクトリア湖を有し、人口は4,000万人、英語を話し、宗教はキリスト教です。雨もよく降り、日本の初夏の軽井沢を思わせる良い気候ですが、アフリカでは紛争、貧困、エボラ熱等問題も多くあります。

法月さんはチェンバロ奏者で現在はアメリカ・ニューヨーク州にお住まいです。チェンバロはバロック時代、17世紀初頭〜18世紀半ばに栄えた楽器です。
主な仕事場はシカゴのコンサートホール、マンハッタンの教会、美術館・博物館のギャラリーなどで、演奏を行うほか、大学で講義もされています。
人間にとって音楽とは何でしょうか。
「音楽は喜びの友、悲しみの薬」という考えを法月さんはお持ちです。
静岡雙葉学園で培った、沈黙—聖歌—祈り、が人生の役に立っているとお話されました。

SPAC−静岡舞台芸術センター芸術局長の成島さんは、制作部に所属し、舞台作品の創作や劇場運営に関わるあらゆるマネージメントを担当されています。舞台制作、渉外、営業、広報から施設運営まで、SPACの活動を底から支え、未来へつなぐために試行を重ねていくお仕事です。公演をはじめ、国際交流事業、中高生鑑賞事業、人材育成事業、アウトリーチ活動など幅広い事業を実施されています。

SPAC−静岡舞台芸術センター
1.舞台芸術作品を創造・上演する人がいる。
2.舞台芸術作品を創造するための劇場・稽古場施設がある。
3.静岡から世界へ。舞台芸術作品がある。
4.人々が集い、交流する場、それが劇場。

 

パネルディスカッションでは、山内先生の司会進行により、3人の講演者が外国生活を通しての「(共に心豊かに生きるために)世界の人々と未来を創る。」を目指して、学んだこと、成長したことについて意見が交わされました。また、それぞれの経験を活かして、世界の人々と仕事をする上で必要な考え方や姿勢などもお聞きすることができました。

例えば・・・
「色んな国の人が居住する中、文化の違いを尊重し、自分から心を開いて、相手の考え方を理解しようとする姿勢が必要」
「劇場は世界を観る窓で、自分の思いと違っても、感じたことを大切にしていきたい」
「今、ものすごいスピードで動いている広い世界へ多様性・柔軟性を持って自由に飛び立っていってもらいたい」

最後の質疑応答では後輩の在校生の質問に対して真摯に、丁寧に応答されていました。

 

文化情報サポーターS.I.

Filed under: 未分類 — admin @ 4:14 PM

海の「貴婦人」帆船・海王丸が清水港に寄港 ~ぶらぶら散歩 in しみず(5)~

11月2日14:30頃、帆船・海王丸が清水港に入港しました。まだ富士山は冠雪していませんが海王丸を歓迎するかのようにきれいな姿を見せていました。

11月4日13:00からセイルドリルが行われました。セイルドリルとは船の実習生がマストに昇って帆を広げる訓練のことです。帆を広げた美しい姿を一般の人々が見られるのはこの時だけです。

裸足で腰に安全ベルトを着けた訓練生が素早くマストに登り、掛け声とともに帆を張っていきます。約30分後、半分ほどの帆が張られました。

この日は風が強く、途中まで張られた帆がかなり揺れていました。海側の船腹にはタグボートが密着して船の揺れを抑えていました。

1時間10分後、34枚の帆がすべて貼られ、大勢の見学者の前に美しい帆船の姿を現わしました。

連休中で天気もとてもよかったので大勢の人たちが集まり、家族や友達同士が帆船をバックに写真を取っていました。

船首側から見る帆船の姿が最も美しいと思いますが、今回は船尾側からも見てみました。風を帆にいっぱい貯めている様子がよくわかります。

 

11月5日9:00より、海王丸の船内見学が行われました。見学は日本丸に続いて2度目です。甲板に上がった時の第一印象は、まさに”ロープの森”です。いたるところに太いロープが張り巡らされています。

 

訓練生が甲板の清掃をしていました。

甲板をこするのに使っているのは半割にされた”ヤシの実”です。切断面には繊維が密集しており、化繊のたわしのようです。訓練生から「一緒に磨きましょう」と気軽に声をかけられましたが、”ヤシの実”だけを手に取ってみて掃除は遠慮しました。

船尾甲板には大きな総舵輪が二つあります。通常はエンジンで航行し、船首側の操舵室で操作するのですが、洋上で帆を張って訓練するときは風を動力としてこの大きな総舵輪で航行させるとのことでした。

続いて船内に入りました。通路は狭く、段差があります。下士官以上は机、ソファ、ベッド付きの一人部屋で、訓練生は8人部屋だそうです。下士官用食堂は白いカバー付きのイスが並ぶ立派な部屋です。

下士官は十数名乗船しているそうです。訓練生用の講義室兼食堂には訓練生が自習をしていました。女性がいたので“女性は何人乗っていますか?”と尋ねたら、“9人です。訓練生は女性含めて115人です”と明るく答えてくれました。

 

再び甲板に出て船尾のところで訓練生の説明員にお話を伺いました。

「この2週間は台風の影響で風を避けるため山口県、大阪の港に避難していたが、今週は天気に恵まれて多くの皆さんにセイルドリルや船内見学に来ていただき良かったです」
「洋上での帆を張る訓練では船が揺れたり、傾いたりするので大変です」
「帆柱はいずれも50m以上ありますが、女性も難なく登っていきます」
「船での楽しみに一つは食事で、この船の食事はおいしいです」
などなど、さわやかに語ってくれました。

同じ年代の若者と比較すると、限られた生活環境で日々を過ごしているようですが、今回接した訓練生たちは明るく、のびのびと訓練に取り組んでいるように思いました。2015年の船員の数は約6万人で、最盛期の1/5に減少しており、将来の海運を支える船員の確保・育成を目的に海技教育機構の練習船で多くの若者が日夜訓練に励んでいるそうです。

海王丸は11月6日10:00頃、出港しました。

 

文化情報サポーターT.S

<ぶらぶら散歩 in しみず>
健康維持を目的にWalkingを日課としている文化情報サポーターT.S.が清水区内のイベント情報や文化、歴史、季節の移り変わりなどを定期的にご紹介。

Filed under: ぶらぶら散歩 in しみず — admin @ 4:14 PM

2017 年 8 月 30 日

K’s pro.20th Anniversary公演『Black Bird』

青い鳥が羽音をたてて飛び去ってしまった瞬間「あぁ終わってしまった・・・」
もっとこの夢幻を観ていたかった、夢から覚めないでほしいと思った。

静岡で全国一の暑さを記録した8月26日(土)の夜。静岡県舞台芸術公園「有度」で行われた K’s pro.20th Anniversary公演「Black Bird」は忘れられない歴史的な公演となりました。
この春3月にK’s pro.は独創性の高いコンテンポラリーダンスの発展と普及に貢献してきた成果が認められ、県文化財団から「ふじのくに文化活動賞」を受賞した。
そして今年は節目の第20回公演。記念碑的な作品になるに違いない!
大勢の方が期待していたのでしょう、芸術公園の駐車場が満車の大盛況!!
入場出来ない観客が発生!シャトルバスで再度、来場してもらう事態に!
ステージ上で状況の説明と理解を求める構成・演出の陰山 泰さん。
観客を乗せたシャトルバスの到着を待つ事に。
K’s pro.がプロなら、この日の観客もプロだ。代表の森本京子先生もスタートが遅れるお詫びをしながら最前列の子供達に「遊ぼうか」と、サイドを編んだヘアースタイルの京子先生がステージから降りて観客とじゃれあう姿がもう作品に登場するミチルに見えた。オープニングにもなりそうな、この「美しい事件」の30分後に開演した。

公演は本当に素晴らしかった。森本バレエの選抜メンバーK’s pro.と京子先生と相性抜群のダンサー西川 卓さん。ゲストミュージシャンの和太鼓奏者はせみきたさん、ヴァイオリン奏者の柴田奈穂さんという鉄壁な布陣で、幸せの青い鳥を探すチルチルとミチルの物語を幻想的に表現!
特に際立ったのは、しなやかでウオームな青い鳥の群舞と豪快な中にも繊細さを感じさせるエレクトリックなヴァイオリン。そして筋骨流々な広背筋から振り下ろされるはせみきたさんのバチさばき!「有度」を揺さぶる和太鼓とのアンサンブルに観客の度肝を抜いたのである!!

チルチルとミチル~西川さんと京子先生のダンスは至高のダンスでしたね。
京子先生の情緒豊かなダンスと、二年振りの出演が跳躍力を倍増させていた西川さんのダンス。
彩り豊かな夢の世界を、魅力溢れる振付けと演出で、そして震えるような炎のダンスの凄みを堪能したのでありました。

K’s pro.結成20年、おめでとうございます。

文化情報サポーターK.S

Filed under: 未分類 — admin @ 12:38 PM

2017 年 7 月 21 日

「世界にはばたく女性」講演会(第5回)

社会の第一線で働く女性たちが「次代を担う若者たち」に、自らの歩み、思い、夢などを語り、未来へはばたく希望と勇気を与えるための公開講座「世界にはばたく女性」の講演会が7月8日(土)に静岡市葵区の静岡雙葉学園で開催されました。

第5回目の講演者は九州大学大学院、医学研究院生殖病態生理学教授の医学博士、加藤聖子先生です。テーマは「女性の一生を診る」と題し、女性医師のキャリアアップなどについて、医師になるまでの勉学や仕事の内容、働き方などをご自身の経験を通して紹介されました。特に米国への留学や出産、転勤など、これまでの実績を踏まえ、女性医師が辞めていく主な理由として、妊娠や子育て、介護などを挙げられ、一方、仕事を続けていくためには周囲の理解、女性自身の意識改革、支援策などの問題点と、休職後一年以内に復帰することや、パートなど無理のない勤務から再開することが良いのではないかと指摘されました。

講演で印象深かったのは、加藤先生の座右の銘「運・鈍・根」についてお話になったところです。

「運」・・・天運に恵まれるには常に自分からアンテナを貼っていること

「鈍」・・・少しぐらいゆっくりとしても良いのではないか

「根」・・・はねばり強くあきらめないこと

加藤先生のプレゼンテーションは非常にわかりやすく、ユニークな語りで、自分の人生のビジョンをどのように組み立ていけば良いのかを若者たちと一緒に考えていきたいという、先生の熱い思いを感じる講演会でした。

 

文化情報サポーターS.I

Filed under: 未分類 — admin @ 11:02 AM

2017 年 7 月 16 日

こかげのまなびばに参加しました

6月17日開催された第53回こかげのまなびばに参加しました。

今回の講師は、静岡新聞者・静岡放送SBSにお勤めでミュージシャンでもある奈良岡将英さん。テーマは「楽しいと思えることをやれ!」。ご自身の作品や経験・苦労話なども交えながらビジョンやモットーをお話し頂き、自己啓発本を一冊読んだような元気の出る講座でした。

楽しく生きる3つのコツ
▶︎チャンスが来たら乗れ!
▶︎地図は捨てよ、コンパスを持て!
▶︎継続は力なり(10年はかかると思え)

「音楽で食べていきたい」と考えていた学生時代から、マスコミ業界に入社して番組企画製作、そしてついにその音楽を手がけるまで(確か)18年…。
チャンスが来たらポンと乗れるフットワークの軽さと、マルチにあらゆる仕事(?)をされていてもブレないコンパス、そして夢を諦めない粘り強さ!
それぞれ聞き覚えのあるような格言ですが、この3つを同時に体現しながらなんとなくゆる〜い雰囲気を漂わせる奈良岡さん、恐るべし。
後半は、今度は参加者がそれぞれ自身の「楽しいと思うこと」を話しました。
中でも印象的だった言葉は公私混同ならぬ「公私混合」。
好きなこと・楽しいことと仕事の境界が無い人たちって、やっぱり生き生きしている。

聞き損ねてしまったお金との折り合いも、きっとナチュラルについているのかなあと、まだまだ見えない景色を垣間見た午後でした。

 

文化情報サポーター R.H.

Filed under: 未分類 — admin @ 9:40 AM

2017 年 4 月 21 日

富士山を背に大型クルーズ船が清水港に  ぶらぶら散歩  in  しみず(4)

4月12日朝、清水港にクルーズ船クリスタル・シンフォニーが入港しました。総トン数51,044t、全長238m、乗客定員922名のバハマ船籍の船です。
前日来の雨も上がり、久しぶりに顔を出した富士山をバックに入港する姿は圧巻!!
クルーズ船クリスタル・シンフォニー

富士山は恥ずかしがり屋さんなのか、クルーズ船が入港するとき、姿を見せることは少ないのです。この日は外国からのお客さんや迎えた我々にとっても運の良い朝でした。

今年 1月末、清水港が国土交通省の「国際クルーズ拠点」に選出され、昨年からおこなわれてきた大型クルーズ船の係留設備も改良されました。そして今年度は39回の寄港が予定されています。
海外からのお客様には富士山、久能山東照宮、日本平、三保の松原ほかの景色や文化、さらにお茶、イチゴ、メロンに代表される新鮮な食べ物など静岡県独自の素晴らしさを満喫していただきたいものです。
今日のお客さんにはいろいろなオプションが準備されているようですが、ガイドさんのお話によると富士山5合目、富士宮浅間大社などを回る予定だそうです。
また、クルーズ船の寄港1回当たり約6,000万円ともいわれている経済効果も期待されます。

今回は”クルーズ船を見る”ポイントを紹介します。寄港中はマリン・ターミナル2階の送迎デッキや埠頭が開放されますのでまさに間近に船を見ることができます。また、船ですから海に浮かんだ状態を見たいものです。送迎デッキではやや上から、また埠頭の先端では海抜1mの位置から見上げることができます。

マリンターミナル2階 送迎デッキ

マリンターミナル2階 送迎デッキ

寄港中のクルーズ船

寄港中のクルーズ船

クルーズ船の入港時の様子を見たい時には注意が必要です。たとえば8:00入港の場合、40分前ぐらいから待機する必要があります。船が三保半島の先端に姿を現してから港に到着するまでに要する時間はおおよそ15から20分ぐらいです。その後、少し時間をかけて、予定時間ほぼぴったりに接岸するわけです。
また、飛鳥Ⅱは、送迎デッキの目の前で船首を180度旋回し、出港する準備を整えた形で接岸します。外国クルーズ船の多くは入港時はそのまま接岸し、出港時はバックで出て、港内で方向を変えて駿河湾に向かいます。

旋回する飛鳥Ⅱ

旋回する飛鳥Ⅱ

さらに船の形から見ると、船首は鋭い鳥のくちばしのようになっていますが船による違いはあまり感じません。一方、船尾は船によって様々です。個人的には飛鳥Ⅱの丸みを帯びた姿が好きです。

飛鳥Ⅱの丸みを帯びた船尾

飛鳥Ⅱの丸みを帯びた船尾

4月中旬からGWの終わりまで、クルーズ船7回の寄港が予定されていますので見に来てください。入港情報は清水客船誘致委員会HPで公開しています。

文化情報サポーターT.S.

<ぶらぶら散歩 in しみず>
健康維持を目的にWalkingを日課としている文化情報サポーターT.S.が清水区内のイベント情報や文化、歴史、季節の移り変わりなどを定期的にご紹介。

Filed under: ぶらぶら散歩 in しみず — admin @ 2:05 PM

2017 年 4 月 1 日

《高校生による》グランシップ文化講座『人口問題から未来を発明する』開催レポート④

文化情報スタッフブログ特別版
3月19日、20日に行われたグランシップ文化講座『人口問題から未来を発明する』に参加した高校生の開催レポートを全4回にわたり、お届けしています!

●第1回「人口問題の由来と本質」 静岡県立吉原高等学校 広報部新聞班
●『ランチセッション』 富士市立高等学校 報道部
●第2回「パートナーシップ・親子から見た人口問題」 静岡県立富士高等学校 新聞部

お待たせしました!最終回の今回は、第3回講座について 静岡県立韮山高等学校 写真報道部 に執筆いただきました。



第3回「人口移動の現状と未来の地域社会」

静岡県立韮山高等学校 写真報道部

3月20日、グランシップ文化講座『人口問題から未来を発明する』の第3回が行われました。

第3回は「人口移動の現状と未来の地域社会」をテーマとして、静岡県立大の岸昭雄先生からお話がありました。

ino55315

(撮影:グランシップサポーター
 猪熊康夫)



先生はコンパクトシティによるまちづくりを提言し、少子高齢化・人口減少下での社会のあり方を提案。また、社会計画を立る上でその計画の影響を最も受けるのは若者たちだとし、若者のまちづくりへの積極的な参加の必要性も話しました。

ino55380(撮影:グランシップサポーター
 猪熊康夫)



p3200040(撮影:グランシップスタッフ)


講座終了後に行われた岸先生と静岡県立大学長の鬼頭先生のトークセッションでは多くの質問が会場からもあり、大変な盛り上がりを見せました。

静岡県立韮山高等学校 写真報道部のみなさん、ありがとうございました!



全4回でお送りした《高校生による》グランシップ文化講座『人口問題から未来を発明する』開催レポートはいかがでしたか?

高校生たちが自分たちの未来について考えるきっかけとなったようです。また、3人の講師の先生方や、ふじのくに文化情報センターの平野センター長と直接お話しできたことも、進学や就職を控えた若者たちの励みになり、今後について考える原動力にもなったと報告くださいました。

3回の全講座を受講された皆さんには、お名前入りの修了証をお渡ししました。

修了証 授与
(撮影:グランシップサポーター
 猪熊康夫)



ino55579

また、どんな分野のことでも、思っていることがあるなら、“友達と話してみる”ことや、そういう話をできる“場”を持つことも大事だと先生方に教えていただきました。

グランシップ文化講座はテーマを変えて、29年度も開催予定です。

ふじのくに文化情報センターは、今年度も地域で文化活動をする人たちに役立つ情報が提供される場、文化活動に関する情報や意見、アイディア等を相互に交換する場を皆さんと一緒に作っていきます。
まずは、月に2回入場無料・申込不要で開催している「こかげのまなびば」にどなたもお気軽にご参加ください!気になるテーマや講師がきっかけでも、ふらっと立ち寄っていただいても構いません!情報は、この、ふじのくに文化情報サイトFacebookでも発信しています。

皆さんとグランシップでお会いできるのを楽しみにしています!

Filed under: グランシップ文化講座 — admin @ 10:05 PM

2017 年 3 月 26 日

《高校生による》グランシップ文化講座『人口問題から未来を発明する』開催レポート③

文化情報スタッフブログ特別版
3月19日、20日に行われたグランシップ文化講座『人口問題から未来を発明する』に参加した高校生の開催レポートを全4回にわたり、お届けしています!

今回は、第1回講座『ランチセッション』に続き、第2回講座について 静岡県立富士高等学校 新聞部 に執筆いただきました。


第2回「パートナーシップ・親子から見た人口問題」

静岡県立富士高等学校 新聞部

第2回講座では、白井千晶先生(静岡大学人文社会科学部教授)が、「パートナーシップ・親子から見た人口問題」と題して講演をしてくださった。

第2回 白井先生

白井先生は家族社会学・医療社会学の専門の先生。
詳しい解説を交えながら講義する「子育て」、「子ども」についてのお話は、とても興味を持てる内容だった。

特に興味深いと感じたのは、男性の家事・育児時間が多いほど、出生率は高い傾向にあるということ。
先生の用意してくださった資料を見ると、世界各国、6歳未満児のいる夫婦で、夫が家事・育児にかける時間は、アメリカが2.6時間、イギリスが3.1時間、最も高かったカナダは3.9時間であった。これに対して、日本は世界で最も低く、わずか0.8時間。
近年、「イクメン」という言葉が流行する中で、未だに多くの日本人男性が、家事・育児に関わっていない事実は衝撃的だった。

もし男性が家事・育児に積極的になったら、夫婦の会話が増えて仲も良くなり、自然に「子どもは夫婦で育てる」という意識が持てるだろう。お互いに支え合い、助け合うことができれば、男性も女性も、仕事をしながら楽しく子育てができるはずだ。それはそのままの出生率の上昇につながるだろう。

さらに、日本には待機児童がまだ2万人以上もいる。この現状が続けば、働く女性は出産、仕事のどちらかを諦めざるを得なくなり、出生率も女性の進出率も下がってしまう恐れがある。そのような事態を防ぐためには、待機児童問題の改善は急務であると思う。

また、子育てを家族だけに任せるのは良くないと白井先生はおっしゃっていた。地域で、子どもの成長をあたたかく見守る取り組みを増やすことが必要だ。働く女性と子どもに優しい環境を整えることが、少子化問題を解決する第一歩になるのではないかと思った。

静岡県立富士高等学校 新聞部のみなさん、ありがとうございました!

次回は近日中に、連続講座の2日目に行われた、第3回「人口移動の現状と未来の地域社会」 について、静岡県立韮山高等学校 写真報道部に執筆いただいたブログを掲載予定です!


Filed under: グランシップ文化講座 — admin @ 11:15 AM

2017 年 3 月 25 日

《高校生による》グランシップ文化講座『人口問題から未来を発明する』開催レポート②

文化情報スタッフブログ特別版
3月19日、20日に行われたグランシップ文化講座『人口問題から未来を発明する』に参加した高校生の開催レポートを全4回にわたり、お届けしています!

今回は、第1回講座と第2回講座の間に行われた『ランチセッション』について 富士市立高等学校 報道部 に執筆いただきました。

グランシップ文化講座「人口問題から未来を開発する」取材レポート

『ランチセッション』

富士市立高等学校 報道部

ランチセッション

ランチセッションでは、世代も業種も異なる方々と3グループに分かれ、各講師の先生を囲んで積極的な話し合いが展開された。

テーマは静岡県の魅力発見。そのとっかかりとして、“静岡のここがキライ”をまず話すことに。

自己紹介をしながら、それぞれが考える静岡の課題をポストイットに書いて紹介した。
参加者のうち、山間部に住んでいる人からは交通の利便性について、最年少参加者の中学生からは、1クラスの人数についてなどその人達が各々置かれている場所や状況によって課題があるということが新鮮だった。考えてみれば、異なる環境にいる様々な世代の人々と静岡の課題を共有する機会が初めてだったからなのかも知れない。

高校生の意見に、真剣に耳を傾けてくれる壮年の方々の姿勢がとても嬉しかった。

どのグループでも共通して出てきた課題は雇用の創出や、長所でもあるややマイペース(?)な県民性だった。この文化講座に参加した動機もそれぞれだった。

定時制高校の教諭の方は、様々な家庭環境から来る生徒達への指導のヒントが欲しくて来たと語った。個人的には、同じ高校生が静岡の未来に課題意識を持って自ら参加したということに感動した。

まとめとして、ふじのくに文化情報センター平野雅彦センター長から、書家の武田双雲氏の言葉『~だからこそできること』(~部分はマイナスな要素)が紹介された。

一見不利と思える課題や要素を逆に魅力や強みに転換する発想が、地域の活性、そして人口問題の未来につながると感じることができた。

富士市立高等学校 報道部のみなさん、ありがとうございました!

次回はまた明日の更新予定、第2回「パートナーシップ・親子からみた人口問題」について、
静岡県立富士高等学校 新聞部に執筆いただいたブログを掲載します!お楽しみに!


Filed under: グランシップ文化講座 — admin @ 4:37 PM

2017 年 3 月 24 日

《高校生による》グランシップ文化講座『人口問題から未来を発明する』開催レポート①

今回の文化情報スタッフブログは特別版

3月19日、20日に行われたグランシップ文化講座『人口問題から未来を発明する』に参加した高校生の開催レポートを全4回にわたり、お届けします!

第一回の今回は 静岡県立吉原高等学校 広報部新聞班 に執筆いただきました。

人口問題から未来を発明する開催レポート

第一回 「人口問題の由来と本質」

静岡県立吉原高等学校 広報部新聞班

第一回講座では「人口問題の由来と本質」というテーマのもと、静岡県立大学学長、鬼頭宏先生が講話をしてくださった。

「幅広い世代の人に人口問題を語る鬼頭先生」

講義では、2010年のピーク以降、減少傾向にある国内総人口に視点が置かれ、人口の減少は私たちにとって悪いことなのか、それを生み出している現状こそが問題なのではないだろうか、という鬼頭先生の考えに基づき、これまでとは異なる視点から人口問題について考えることとなった。

ここで、国内の人口減少に大きく関わっているとして取り上げられた問題が、少子高齢問題だ。少子高齢「問題」というが、長生きができるようになったこと自体はむしろ喜ばしい事であり、医療の発達の証である。しかし、40年後には2.5人に一人が高齢者であると予測され、年金問題など誰がこれからの高齢者を支えていくのかといった問題が起こる。

また、東北地方や九州の一部の地域では、2040年までに2039歳までの女性が50%以上減少すると予測されており、このような事象が出生率を下げ、人口減少につながっていると考えられる。

こうした問題について、鬼頭先生は日本の少子化を起こるべきして起こった必然的なものだという考え方を示した。出生率の低下はいわば国家が豊かであるからこそであり、人口爆発による資源・環境問題の深刻化による静止人口実現への取り組みが、「子宝」という概念を無くしてしまったこと、また家族制度の変化によって生まれた出産に対する抑制意識などが少子化へ繋がっているのだ。

世界的に見ても先進国を中心に少子化が進んでいる。特に1974年の第一次石油危機や国連世界人口会議を背景とした70年代半ば以降の出生率の低下は著しい。こうした事象がきっかけで「静止人口」の実現を世界的に目指したものの、その後予想される人口減少の流れをどのように止めるかのシナリオを考えていなかったがために、現在も減少が続いているのだという。

また、歴史人口学を専門とする鬼頭先生ならではの、歴史的観点から人口減少を考えると、人口変化と文明システムには大きな関係がある。江戸時代に新たに生み出された技術は、やがて明治の文明となりそれらは現在の遺産として残されている。こうした新しい文明システムの転換が、人口増加へつながり、人口圧力が強まった結果、環境汚染や資源の枯渇が起こり、死亡率の上昇、出生率の低下を招く。歴史的に見るとこれらのサイクルが繰り返されているそうだ。

鬼頭先生は未来を発明するためには超高齢化社会や人口縮小社会への適応、また所得だけでなくそれぞれが幸せに生きる幸福度による豊かさなどの実現、つまり「21世紀文明をデザインする」ことが必要であるという。

最後に、鬼頭先生は私たちに、これからどんな社会を作りたいか、2060年の日本をどんな社会にしたいと思うかを自分で見出すことが未来を発明することだとおっしゃった。

2060年、私は60歳を迎えてもなお、現役で働いているのだろう。

遠い先のことだがいずれやってくる未来がどうあってほしいのか具体的に考えるよい機会となった。

静岡県立吉原高等学校 広報部新聞班のみなさん、ありがとうございました!

次回は明日の更新予定、ランチセッションについて富士市立高等学校 報道部に執筆いただいたブログを掲載します!お楽しみに!


Filed under: グランシップ文化講座 — admin @ 9:12 PM
Older Posts »
文化芸術の総合相談窓口

ふじのくに文化情報への現在の登録件数

文化団体
277
アーティスト
75
文化施設
206
個人
77

登録はこちら

ご利用ガイド

  • グランシップ
  • アトリエふじのくに
  • ふじのくにささえるチカラ
  • ふじのくに文化資源データベース
  • しずおかイーブックス

ふじのくに文化情報への登録はこちらから

静岡県文化情報総合サイト「ふじのくに文化情報」に、ご登録いただきますと、様々な形式での情報発信が可能となります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。