ささえる、つなげる、創造する ふじのくに文化情報センター

2020 年 2 月 28 日

めぐるりアート+ スペシャルイベントを開催しました!

グランシップ館内の各所に、年2組のアーティストによる作品を展示している「めぐるりアート+」。2019年度後期は画家の佐藤浩司郎さんによる「ぼくを わたしを さがして」が開催中です。そのスペシャルイベント「粒子の色 粒子の音」を、2月23日(日・祝)グランシップ中ホールホワイエにて開催しました。

佐藤さんの着色したウエディングドレスをまとい、舞台女優の宮城嶋遥加さんがパフォーマンスを披露。音響はギタリストのMORIMOTOさんにご担当いただきました。壁面には佐藤さんの絵画が飾られ、いつもの中ホールホワイエとは全くちがう、色と音、そして舞に彩られた空間になりました。約10分間のパフォーマンスでしたが、会場の空気をがらりと変えてしまう絵画、音楽、演技の力を改めて感じました。

「ぼくを わたしを さがして」は、存在しない架空の人物を、作品を通して鑑賞者に思い描いてもらうという展示です。グランシップショーウィンドウに飾られた展示作品のウエディングドレスを見た宮城嶋さんが、文化情報センター主催の佐藤さんのアーティストトーク(11/6開催「こかげのまなびば」)に参加してくださり、そこからこのイベントが立ち上がりました。ホワイエのガラス扉越しからも多くのお客様に見ていただき、展示中とはまた違った作品のイメージの広がりを感じていただけたのではないかと思います。

めぐるりアート静岡のホームページにも、イベントの内容を掲載していただきました。https://megururi.net/7th/archives/2528

めぐるりアート+佐藤さんの展示は4月13日まで。エントランスなどで作品解説パンフレットを無料で配布しておりますので、ぜひパンフレットを片手に館内をめぐってみてください。

 

Filed under: めぐるりアート+ — admin @ 5:57 PM

2020 年 2 月 22 日

ふじのくに文化情報フォーラム2020春 開催レポート

県内で文化活動に取り組む人たちが集まり、年2回開催しているふじのくに文化情報フォーラム。
2020年2月11日(火・祝)に開催した第7回目は、「あなたの「好き」で文化が変わる!?」をテーマに、参加者がワークショップを通して、「好き」の持つエネルギーを体感する場となりました。

はじめは、ファシリテーター・天野浩史さん(NPO法人ESUNE)と、ふじのくに文化情報センター・平野雅彦センター長によるトークセッション。
人の持つ「好き」の魅力のお話と共に、では「好き」とは何なのかという問いが出ました。

そんな自分の「好き」とは何なのかを探るべく、天野さんのファシリテートで「自分スケッチと水やりダイアログ」を実施。
A3の紙に、自分の名前をスタートとして好きなものや得意なものを連想し書き込み、書き終わったら周りの人たちと対話、「好き」の魅力を共有すると共に、参加者が自分の「好き」に気付いていきました。

次に、既に「好き」から活動を実践している、NPO法人 伊豆学研究会・フジパク 地域応援ボランティア・Dance Celebrationによる、実践プログラムワークショップの取り組み発表を行いました。
KJ法の研究と普及を行っている山浦晴男さんのワークショップに参加した3組による、ワークショップの内容と自身の活動団体の紹介を兼ねた発表でしたが、それぞれが、地域活性や暮らしを豊かにするためのユニークな活動をしていて、参加者からも「参考になった」という声が出ました。

後半は、メインイベントの、10組のリーダーによるワークショップ!
今回は様々なジャンルのリーダーがワークショップを用意し、参加者は興味あるものを2つ選んで体験しました。
参加者同士、体験を通して交流を深め、また、各リーダーの「好き」に触れて新しい世界をを知る機会となりました。
参加者の中にはこどももいて、ワークショップ終了の時間を迎えても夢中になってやっている姿に、「好き」の持つエネルギーを垣間見ました。

ワークショップを体験した後は、参加者の「好き」を通して、体験したワークショップがもっと面白くなる「進化」する対話を、リーダーと行いました。
「旅行が好きなので、体験した抹茶を点てることを、いろんな場所でやったら面白そう!」、「いろんなジャンルの音楽を流しながら身体を使ってみると、新しい身体の動きが見つかるかも」など、リーダーも驚くような意見が次々と登場、ここでも「好き」から見える景色が違うと発想も様々にあるという面白さを実感しました。

その後のフリーセッションから、最後は「分かち合いとまとめ」に。
参加者はフォーラムを通して様々な「好き」に触れ、その可能性に感動すると共に、「好き」のエネルギーは心の支えにもなることを実感しました。
多くの出会いや交流もあり、早くも、新しいプロジェクトが生まれようとしている人たちも!
「好き」で繋がると、動きも早いです。

身近にある「好き」という気持ちに、じっくり時間をかけて向き合ってみるということは、簡単なようで難しかったりします。
10歳未満から70歳代まで、123名が参加した今回の「ふじのくに文化情報フォーラム2020春」、とても有意義な貴重な時間となりました。

ーーーーーーーーーーーー

●ワークショップ詳細●

①漆畑ゆう子「変身大作戦!」
木の実・野菜・植物・ゴミ。いろいろな素材を使ってアクセサリーや装飾品を作るワークショップです。最後に出来上がった作品を身につけて、いつもと違う自分に変身します。

②渡会美帆「自分自身の音と出会う オリジナルサウンドロゴ作り」
“サウンドロゴ”とは、1フレーズの音やメロディで、企業や商品等を表現する音のロゴです。あなた自身を音で表すとしたらいったいどんな音(音楽)になるのでしょうか?生まれ育った環境や好きな事等をヒントにして、あなたを形作っている音を探してみましょう。

③丹羽崇元「未来の絵を描こう」
大きな白い紙に何でも好きな絵を描いて良いと言われたら、あなたは何を描きますか?
今回は、心の奥の「もう一人の自分」に出会う時間をつくります。静かに瞑想し自分の内面(過去と現在)に向き合い、その後自由な夢(未来)を描きます。子どもの頃、描きかけのまま止まってしまったお絵かきの時間が再び動き出します。当日は、いま描きたい未来の絵を自由に描いて下さい。※あ、必要なのは絵心ではなく真心なのでご安心を☆彡

④杉浦麻友美「自分のカラダが好きになる!~気持ちよくのびのび発見♬身体が喜ぶ使い方~」
「踊るのが好き」から広がっていった「身体の使い方」や「こころとからだのつながり」についての発見をみんなで試してオドロキのビフォーアフターを体験してもらいます!
知ったら知らない頃には戻れない知識の不思議さを体感してみてください。
そのあと、感じたことや疑問に思うことなどなんでもみんなで出し合いながら「自分の好きな感覚、モノ、思考」につなげていきます。

⑤河村洋子「あなたの「好き」の核心に迫る!」
皆さんの「好き」なことを再考して、展開していくためのモチベーションを高める時間をクリエイティブな仲間たちと過ごしてみなせんか?
今、スムーズに「好き」なことをやれている人も、「好き」がかたちにできていない人も、少し立ち止まって考えてみることで、さらに前進するエネルギーを得ることができるようなそんなことをしてみたいと思います。(手法名:Liberating Structures)

⑥hand in hand(北島順子 小櫛香穂)
「身近な食器を使って抹茶を点て、小さな世界で五感を刺激しましょう」
茶道の作法は考えず、フリースタイルで抹茶を体験していただきます。固定観念にとらわれず身近なポットやカフェボウルなどの食器を使って、自分のためにお抹茶を点てていただきます。身近な美を感じながら、季節の菓子を一緒に食べて、五感を刺激していただきます。

⑦小林成彦「地域(ローカル)を伝える〜藁(わら)で祭りの舞台づくり〜」
冬の山村で行う不思議な祭りや風習。その舞台を飾るのが藁で編んだしめ縄。今回は藁の縄作りをしながら、30分でどこまで祭りの舞台を表現できるか挑戦します。スマホで簡単にできる「タイムラプス撮影」をしながら、舞台が出来る様子を動画でも楽しんでみましょう。

⑧シズオカオーケストラ(井上泉・伊藤允彦・牧野美和)
「求む、イベントオーガナイザー!あなたにしかできない「グリーンドリンクス」を企画しよう。」
私たちが開催している「グリーンドリンクス静岡」は、お酒を片手に”静岡”を語らう場。まちのプロジェクト・防災・老舗・地形・タピオカ屋・石碑…テーマは何でもOKのゆるやかな集まりです。WSでは、皆さんにオーガナイザーとして、あなたのまちで開催するグリーンドリンクスを企画していただきます。テーマ・ゲスト・開催場所に至るまで、あなたの思いが詰まったイベントを生み出してください。お酒はありませんがご容赦を!

⑨橋本敬之「江戸時代の文字に挑戦」
江戸時代の文字は難しいと思っている方が多いと思います。気がつかないだけで、街のあちこちに江戸時代の文字を見ることがあります。私たちは、江戸時代の文字を読んで地域の歴史を伝える活動を行っています。

⑩関根淳子「好きな言葉を上演しよう ミニ朗読劇づくり」
好きな言葉は何ですか?あなたの心に残っている言葉を核に簡単な会話文(戯曲)を一緒に作って、交換して、ミニ朗読劇として上演します。あなたの好きな言葉はどんなふうに届いていくんでしょうか?会話文づくりはお手伝いしますから初心者大歓迎です。

ーーーーーーーーーーーー

Filed under: ふじのくに文化情報フォーラム — admin @ 11:05 PM

2020 年 1 月 4 日

2020年、新年のご挨拶。

新年、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

本日から、グランシップ2020年の営業開始です!
併せて、ふじのくに文化情報センターもオープンしました。
地域で活動する皆様のなにかしらのお力添えができる様、本年も努力してまいりたいと思います。
何卒よろしくお願い致します。

改めまして、ふじのくに文化情報センターでは以下の活動とを主に担当しております。
①ふじのくに文化プログラム推進事業補助金
②地域文化活動顕彰
③ふじのくに文化情報サイト
④文化芸術の相談窓口
⑤ミニ講座「こかげのまなびば」
⑥ふじのくに文化情報フォーラム
⑦ふじのくに文化情報センターの運営

ミニ講座「こかげのまなびば」は、月に2回隔週の水曜日にふじのくに文化情報センターで開催しており、今月は1月15日(水)・29(水)のいずれも18:30~19:30で開催します。
ゲストは、15(水)は一栁綾乃さん、29(水)は萩原まおさんにご登場いただきます。

2月11日(火・祝)は「ふじのくに文化情報フォーラム2020春」を開催!
ファシリテーターに、NPO法人ESUNE代表理事・天野浩史氏をお招きし、平野雅彦センター長と一緒にフォーラムを盛り上げていただきます。
内容としましては、県内を中心に活動する様々なジャンルの10組の方がリーダーとなりワークショップを実施、参加者はワークショップを体験すると共に、そのワークショップがもっと面白くなるような話し合い・対話をリーダーと行います。
併せて、体験を通して皆様の中で新しい繋がりができる素敵な交流会となるよう、センターとしましてはフォーラムを運営していきたいと思っております。
現在参加者募集中です、参加費無料はですので、是非ご応募ください!
https://www.granship.or.jp/event/detail/2483

その他、様々に運営していきますので、地域で活動している皆様におかれましては、お気軽に私ども「ふじのくに文化情報センター」をご利用いただけましたら幸いです。
2020年も、何卒よろしくお願い致します。

Filed under: ふじのくに文化情報センター — admin @ 9:48 AM

2019 年 11 月 18 日

ヤイトラーフィルハーモニー管弦楽団浜松 第2回ウィーンコンサートを鑑賞して

2019年10月20日(日)アクトシティ浜松中ホールにて、ヤイトラーフィルハーモニー管弦楽団による第2回ウィーンコンサートが開催され、観たことのない、オーケストラアレンジを、満喫してきました。

オープニングは、ファンファーレにより華やかに幕開け。金管楽器だけ40本ほどによる演奏で、ドラムが時々リズムを刻みます。バルコニーと同じ高さのバックステージに約20本・左右のバルコニー約10本ずつの大合奏で圧倒されました。

ファンファーレが終わって暗転すると、団員暗い中位置につき、照明が転倒します。そこにいきなり指揮者が入場、音合わせ(チューニング)ができていないので、慌てて退場。客席からは大失笑。私も大笑い。こんなことってありますー?そして、またよく見れば、団員の配置が通常と違い、左サイドにコントラバス、その前にファーストヴァイオリンとチェロ、指揮者の右側にセカンドヴァイオリンとヴィオラ。正面の弦楽器の後ろはピッコロやフルート等の木管楽器。最後尾には金管楽器がぞろり。とてもユニークに配置されていました。

そして、およそ80人から成る大合唱。ベートーヴェン第9の合唱以来の歌声でした。

プログラムも聞き馴染みのあるウィーン音楽の名曲が盛りだくさん。

こんなに楽しい時間を過ごさせて頂いてありがとうございました。

 

文化情報サポーター M.K.

Filed under: 未分類 — admin @ 1:58 PM

2019 年 11 月 17 日

第2回、ふじのくに文化芸術ネットワークを行いました。

先日、第2回目の、ふじのくに文化芸術ネットワークを行いました。
県内西・中・東部と横断して、緩やかなネットワークを構築し情報交換をすることを目的としておりますが、今回は、掛川市原泉で行われた「原泉アートデイズ」を視察し、地域での文化芸術活動を通して「アーツカウンシル」に関して様々な意見交換を行いました。

全国的に見て、様々な場所で、様々な規模のアートイベントやフェスティバルは行われておりますが、そこにはどんな可能性があるのか、アートを通してどんなことが見えるのか。
まちおこしや観光などとの結びつきも増えています。
いずれにしても、数多くあるアートフェスは、地域に寄り添い個性的であることが大切で、文化芸術の魅力を多くの方に知ってもらう必要があるように感じます。

「原泉アートデイズ」は今年で2年目でしたが、来場者は増えたとのこと。
アーティストに滞在製作をしてもらい完成した作品は、どれも個性的で素敵なものでした。
こうした活動団体やアーティストにできるアーツカウンシルとは何か、まだまだ課題も多く、それでも今回のネットワークにおける意見交換は充実したものになりました。

引き続きふじのくに文化芸術ネットワークでは、様々な文化芸術に関係する意見交換を行っていく予定です。

Filed under: 未分類 — admin @ 2:57 PM

2019 年 8 月 14 日

今年も「個別テーマ実践プログラム」を開催しました!

昨年に引き続き、“アイデアを実践に結びつける手法を学び、地域の課題を解決するワークショップ”を、この5、6、8月に開催しました。
今年はこちらの皆様にご参加いただきました↓

A「南伊豆町子浦の路地歩きで文化を紡ぐ」/NPO法人伊豆学研究会 橋本敬之
B「夜景電車とまち歩きから発信する地域の魅力」/フジパク 地域応援ボランティア 鈴木秀実
C「誰もがダンスに参加し、人生を豊かで素敵に過ごすために必要なこと」/Dance Celebration 野沢夕紀子

ファシリテーターは、昨年同様、情報工房の山浦晴男さん。
長年KJ法の研究と普及に従事され、情報工房設立後、全国各地で地域再生に携わっていらっしゃいます。
そしてアシスタントには、裾野市でご活躍中のマチテラス製作所・深野裕士さんです。

第1回目は、はじめに、山浦先生に住民主体での地域づくりの必要性やその事例をご紹介いただきました。
ワークショップでは、山浦先生の手法を用いて「問題意識地図の作成」を行いました。

<意見交換と意見カードの記入>
まずは、それぞれのプロジェクトについて、参加者それぞれが考えていることを付箋に書き出し、意見カードをつくります。

<問題意識地図をつくる>
意見カードを模造紙に貼っていき、カードをグループ分けし、グループに表札をつけ(要約する)、それぞれの関係性を記号で表し、地図を完成させます。

そして、最後にプロジェクトごと、完成した問題意識地図の発表をします。

普段自分が行っている活動の中で、なんとなく「もっとこうできたらいいのにな」「こんなことしたいな」という気持ちがありませんでしょうか?
でも、なかなかその問題に向き合う時間が取れなかったり。
このワークショップでは、その問題に正面から向き合い、仲間たちと一緒に解決していく作業になります。
実際やってみたメンバーの感想で、「自分たちが抱えている問題が明確になり、具体的にどうしていけばよいかの道筋が見えた」といったものも。
5時間ほどのワークはあっという間に終了を迎えました。

第2回は「資源写真地図の作成」。
次回までに参加者それぞれが、地域の情報を写真取材をしながら集めてきて、更に具体的なところに踏み込んでいきます。

Filed under: 未分類 — admin @ 8:24 PM

2019 年 7 月 24 日

K’s pro.公演 Vol.22 青い目をした猫 blue eyes cat

年に1度、静かにワクワク楽しみな日なのです。

7月20日、21日 静岡県舞台芸術公園 野外劇場「有度」で行われたコンテンポラリーダンスチームK’s pro.公演。
 
今年のK’sは違った!完全オリジナルの舞台作品でした。

森本京子扮する青い目をしたブラウン&ホワイトの猫が広場にやって来た「平成大サーカス」の仲間に入ります。
サーカス団の出し物は、平成の時代におきた世界での出来事、社会現象をダンスシーンてんこ盛りで振り返ります。
K’sのメンバーも、フレッシュな若い血が加わり、初々しさ、みずみずしさが感じ取れました。
出し物のジュリアナ、ルーズソックス、ガングロ・・・若いメンバーの中には知らない子もいたんじゃないかな?
でも、そこは先輩ダンサー、ベテランダンサーが若手にしっかり背中を見せたダンスを披露!更に二日目のジュリアナでは、観客をステージに釣り上げ、森本バレエ代表の森本エリコ先生もバブリーダンスで登場し、ステージは最高潮に!!
僕は「もう死んでもいい!!!」と思いました。
平成という時間で進行していく縦軸と、空間の横軸で繰り広げられる舞台世界で猫(森本京子)は、僕達は何を見たのか?何を感じ取ったのだろう・・・
平成元年はベルリンの壁の崩壊、日本はバブル経済の崩壊、90年代に多くの人達が抱いていた世紀末への不安と恐怖。
「失われた10年」と呼ばれた不況の時代、阪神・淡路大震災、アメリカでの同時多発テロ、東日本大震災。
けっして忘れない、忘れてはいけないこれらの出来事を、緑に囲まれた「有度」のスクリーンに映し出されていく。美しかった・・・
白のエレアコで出演したゲストのヴァイオリン奏者・中西俊博さん、その場でリヴァーブ、ディレイ、コーラスの空間系のエフェクトで舞台上の空間サウンドを構築していく演奏は見事としか言わざるを得ない。
中西さんも、アナログからデジタルへ移項するど真ん中にいた人で、楽器の表現方法も劇的に変化していく様を観てきたのではないでしょうか。
中西さんのサウンド・スケープに応えるゲスト・ダンサーの西川 卓さんもまた素晴らしいダンスを披露しました!
Anything Goesでは、陽気に心から楽しく踊る姿は完全に「音楽」に成っていましたし、不安、恐怖、怖れ、闇を象徴するサウンドでは、完全に「音」に成っていましたね。無音で始まるシーンでは京子先生と息の合った卓越な技で観客の皆さんを魅了していました。
僕が観てきたK’sの作品で、今回の西川さんのダンスがベストだったと思いましたね!
「ボレロ」と言えば、シルヴィ・ギエム。
シルヴィ・ギエムと言えば「ボレロ」~という図式が僕の中にはあるのですが、舞台、芸術の分野で、東日本大震災にいち早く反応したのがシルヴィ・ギエムだ。
2011年10月、シルヴィ・ギエムは日本で公演している。
HOPE JAPAN TOURである。親日家としても知られるギエム。
復興~「ボレロ」は、必然で自然な流れだったのかもしれない。
森本京子を筆頭に、力強く、前向きで、エネルギーが徐々に満ちあふれていく!チームが一つなるって、強くて美しい!!
舞台芸術野外劇場「有度」の創世記から平成の時代を同時進行で静岡のコンテンポラリーダンスを牽引し続けているK’s pro.
京子先生がこれまでに培ってきた舞踏人生と、芸術家としての揺るぎない姿勢が全体を通じて感じ取ることができました。
この日、舞台芸術野外劇場「有度」は、ビューティフル・ハーモニーになった!
文化情報サポーター K.S
Filed under: 未分類 — admin @ 4:18 PM

2019 年 7 月 17 日

エイフマン・バレエ「ロダン~魂を捧げた幻想」

7月15日(月)海の日の祝日、グランシップ開館20周年特別公演

エイフマン・バレエ「ロダン~魂を捧げた幻想」を鑑賞してきました。

静岡県立美術館に常設展示されている彫刻家ロダンの大理石彫刻を、鍛えられた生身のダンサーが粘土のように捏ね回され、無機質なオブジェとなっていく。ロダンと愛弟子のカミーユ、内縁の妻ローズ~創作の彫刻と、狂おしい程の甘く切ない恋の現実に翻弄されるロダンの深層心理が見事に描かれた舞台作品でしたね!

 

ロシアの伝統的な古典バレエのつもりで観に来られた人は、とてもダイナミックで、エンターテイメント性に富んでいて驚いたのではないでしょうか。むしろ日本のバレエ団、ダンサーの方が、忠実にきめ細やかに古典バレエを演じていると思いました。

文学作品や芸術家の人生をバレエで具現化していくボリス・エイフマン芸術監督の作品にとても興味を持ちましたね。

 

 

 

 

 

 

 

文化情報センターサポーター K.S

 

Filed under: 未分類 — admin @ 2:14 PM

2019 年 6 月 27 日

第100回を迎えた「こかげのまなびば」

ふじのくに文化情報センターで毎月2回行われている「こかげのまなびば」、めでたく第100回目を迎えました。

平野センター長と、久保田香里・静岡デザイン専門学校校長に、学生お二人も交えて熱いトークが繰り広げられました。

お話を聴いてデザインに対しての印象が変わり、デザインという枠を広くとらえることができました。

学生お二人の思いのこもったお話も印象深かったです。

100回を越えたこかげのまなびば、今後またどんな講師が来るのか楽しみです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

記入:H.Y.

Filed under: 未分類 — admin @ 11:22 AM

2019 年 3 月 15 日

ふじのくに文化情報フォーラム2019春「創造思考のイロハを学ぶ」

県内で文化活動に取り組む人たちが集まり、年2回開催しているふじのくに文化情報フォーラム。
2019年2月11日に開催した第6回目は、「創造思考のイロハを学ぶ」をテーマに、参加者がワークショップを通して、創造思考を体感する場となりました。

はじめは、ファシリテーターで場とコトLAB代表の中脇健児さんと、1992~2017年まで「大道芸ワールドカップIN静岡」のプロデューサーを務め、大阪府江之子島芸術文化創造センター館長の甲賀雅章さんによるトークセッション。
「Backcasting」「遊び心」などのキーワードと、実例から「まじめに遊ぶ!」ことの大切さを学びました。




続いて“いつもとは違う方法とのギャップ”に敏感になってもらうため、言葉に頼らない・身体を即興的に使ったワークショップを実施。



 
グループワークでは、設定された場面の中で、悩みを解決する方法を考え、寸劇で発表するというお題に取り組みました。初対面同士だったものの、遊び心は満載で、フィクションを楽しみながら、それぞれのクリエイティブな部分が引き出され、視野の広がりを感じられる、まさに創造的にものを考える時間。

 
「伝え方」と「モノの見方」を変えてみることで、新しい発想が生まれることを体験する貴重な機会となりました。
参加者からは、随所に日頃の活動につながるヒントが散りばめられていたという声もきかれました。
 

ふじのくに文化情報フォーラム

文化に関わるひとたちが集まり、ジャンルをまたぎ、エリアを越え、まざる文化情報フォーラム。
春と秋の年2回、開催中です!

《これまでのフォーラム》
 第1回 文化プログラムとこれからの地域
 第2回 対話する時代のネットワークを考える
 第3回 で・あえる~あなたとわたしでなにかがはじまる~
 第4回 未来をつくる15のテーブル
 第5回 文化の種を見える化する
 第6回 創造思考のイロハを学ぶ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Filed under: ふじのくに文化情報フォーラム — admin @ 1:36 PM
Older Posts »
文化芸術の総合相談窓口

ふじのくに文化情報への現在の登録件数

文化団体
288
アーティスト
84
文化施設
218
個人
84

登録はこちら

ご利用ガイド

  • グランシップ
  • アトリエふじのくに
  • ふじのくにささえるチカラ
  • ふじのくに文化資源データベース
  • しずおかイーブックス

ふじのくに文化情報への登録はこちらから

静岡県文化情報総合サイト「ふじのくに文化情報」に、ご登録いただきますと、様々な形式での情報発信が可能となります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。