ささえる、つなげる、創造する ふじのくに文化情報センター

2020 年 5 月 30 日

めぐるりアート+2020年度前期展示 開催中!

グランシップでは、めぐるりアート+2020年度前期展示 石上和弘「船に浮かぶ形/船が浮く形」を、9月8日まで開催中です。

展示タイトルの「船」は、グランシップの建物を指しているとのこと。
ショーウィンドウの作品は、鏡を使用することで、扇形の作品が円に見える仕組みになっています。「鏡富士 A」「鏡富士B」という作品タイトルですが、蒸気船の外輪もイメージさせます。グランシップ南側の歩道から、ご覧いただけます。

1階エントランス「浮雲のインスタレーションA」、6階「浮雲のインスタレーションB」は、建物の円柱に設置しています。この場所に作品を展示するのはもちろんはじめてのこと。その形は浮き輪のようにも見えます。6階の作品は、3階から見上げることもできます。

そして本日、3階の作品「天地雲」の設営が完了しました。この作品にも鏡を使用しており、まるで床下まで空間があるように見えます。

 

ご鑑賞の際は、グランシップエントランス入って正面にあるエスカレーターをご利用ください。エントランス⇒3階⇒6階とスムーズにご覧いただけます。館内では無料のパンフレットも配布しています。

なお、作者の石上さんは、今年秋に静岡市内で開催の「めぐるりアート静岡2020」にも参加される予定とのこと。そちらも楽しみです。

 

コロナウイルス感染拡大防止のため、グランシップだけでなく、各地で文化・芸術イベントの中止が相次いでおりますが、そんな中でも皆様にアートの空気を感じていただければと思います。観覧無料ですので、ぜひお立ち寄りください。

もちろん健康に十分注意したうえで…ということになりますので、ご入館の際には手指の消毒、マスク着用などの予防対策にご協力をお願いいたします。詳細はグランシップホームページをご覧ください。

https://www.granship.or.jp/

Filed under: めぐるりアート+ — admin @ 6:18 PM

2020 年 2 月 28 日

めぐるりアート+ スペシャルイベントを開催しました!

グランシップ館内の各所に、年2組のアーティストによる作品を展示している「めぐるりアート+」。2019年度後期は画家の佐藤浩司郎さんによる「ぼくを わたしを さがして」が開催中です。そのスペシャルイベント「粒子の色 粒子の音」を、2月23日(日・祝)グランシップ中ホールホワイエにて開催しました。

佐藤さんの着色したウエディングドレスをまとい、舞台女優の宮城嶋遥加さんがパフォーマンスを披露。音響はギタリストのMORIMOTOさんにご担当いただきました。壁面には佐藤さんの絵画が飾られ、いつもの中ホールホワイエとは全くちがう、色と音、そして舞に彩られた空間になりました。約10分間のパフォーマンスでしたが、会場の空気をがらりと変えてしまう絵画、音楽、演技の力を改めて感じました。

「ぼくを わたしを さがして」は、存在しない架空の人物を、作品を通して鑑賞者に思い描いてもらうという展示です。グランシップショーウィンドウに飾られた展示作品のウエディングドレスを見た宮城嶋さんが、文化情報センター主催の佐藤さんのアーティストトーク(11/6開催「こかげのまなびば」)に参加してくださり、そこからこのイベントが立ち上がりました。ホワイエのガラス扉越しからも多くのお客様に見ていただき、展示中とはまた違った作品のイメージの広がりを感じていただけたのではないかと思います。

めぐるりアート静岡のホームページにも、イベントの内容を掲載していただきました。https://megururi.net/7th/archives/2528

めぐるりアート+佐藤さんの展示は4月13日まで。エントランスなどで作品解説パンフレットを無料で配布しておりますので、ぜひパンフレットを片手に館内をめぐってみてください。

 

Filed under: めぐるりアート+ — admin @ 5:57 PM
文化芸術の総合相談窓口

ふじのくに文化情報への現在の登録件数

文化団体
290
アーティスト
90
文化施設
218
個人
86

登録はこちら

ご利用ガイド

  • グランシップ
  • アトリエふじのくに
  • ふじのくにささえるチカラ
  • ふじのくに文化資源データベース
  • しずおかイーブックス

ふじのくに文化情報への登録はこちらから

静岡県文化情報総合サイト「ふじのくに文化情報」に、ご登録いただきますと、様々な形式での情報発信が可能となります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。