ささえる、つなげる、創造する ふじのくに文化情報センター

2020 年 11 月 30 日

「受け入れることから始める」ふじのくに文化情報フォーラム2020in三島 開催レポート

11月3日の文化の日に、第8回目のふじのくに文化情報フォーラムを開催しました。前回は、文化芸術に関わる、演劇や音楽等様々なジャンルの方をゲストにワークショップを行いましたが、今回は初めてグランシップを飛び出し、三島市民文化会館・大会議室で開催、また、新たにzoomを使用してのオンライン配信も行いました。内容は、新型コロナウイルス感染症の影響から、文化芸術の活動を行うことが大変になってしまったアーティストや団体の方たちのために、今できること、こういった時に何ができるかを、文化芸術とは異なるジャンルのゲストをお迎えし、「転換点〜文化は何に学ぶのか〜」と題して、活動のヒントになることを参加者と一緒に探りました。

ファシリテーターの天野浩史さん(NPO法人ESUNE代表)とナビゲーターの平野雅彦センター長の進行のもと、前半はゲストによる自身の転換点についてのお話、後半はファシリテーターとナビゲーターを交えて対談形式でお話を伺いました。自社の板金の技術を使ってかんざしなどを手掛ける、山崎製作所の山崎かおりさんは、静岡の魅力を広げる新しい事業をスタートさせようとした矢先に、今回の新型コロナウイルス感染症の影響を受けて事業は一時停止状態になってしまったそうですが、地域の意見も取り込みながら、現在は新生活にあった新しい事業を進めてるとのこと。舞踊家・ボディコンサルタントの杉浦麻友美さんも、新型コロナウイルス感染症の影響で仕事がキャンセルとなり今後活動していけるのかという不安の中、配信を使ってレッスンを行うなど新しいことに挑戦、まちづくりの活動を行う荒武優希さんは、地域おこし協力隊の活動をきっかけに、現在は東伊豆町を拠点に、地元の人同士や観光客とのコミュニケーションがとれる場所作りを積極的に行なっています。

どのゲストの方も、ウイルスの影響を受けつつも決して下を向かず、現状を把握し、では今自分が何ができるか、というところを冷静に判断して物事を進めている印象でした。とはいえ、先の見えない状況に変わりはなく、では、なぜ不安な状況にありながらもそのように物事を前向きに捉えることができるのかを伺ったところ、まずは「受け入れる」ということが大切であり、現状を否定せず、受け入れることで新しい何かが生まれてくるとのことでした。杉浦さんからも、「異邦人が来るときに文化は変わる」というご意見が。振り返ると、日本の歴史も受け入れることで発展した部分があり、また、そこから独自の文化に発展していることが多々あるように思います。新しい風をどう受け取るかが重要なのかもしれません。

その後、会場ではゲストと参加者とでトークセッションが、オンラインではチャットを使用しての質問の募集が行われました。参加者からは多くの意見や質問が飛び出し、あわせて現在の“転換点”をどう捉えるか、どう行動していくかを考え、最終的には何かしらの可能性を見出したようでした。モヤモヤしていた気持ちが少し晴れる、今はそれがとても大切なことのように感じます。

最後に、今回新しい試みとして行った配信ですが、相手が見えないながら発言があることから、進行役からは「天の声」という例えが出てくるなど少々不思議な感覚になりましたが、どこからでも参加できるということは、多くの方と一緒にテーマについて考えることができたということで、とても有意義なものであったと実感しています。これも一つの“転換点”なのかもしれません。

次回は2021年2月20日(土)13:30より、会場を西部に移し、浜松市鴨江アートセンター・301号室で新たなゲストをお迎えして、「転換点」から文化芸術活動のヒントになることを更にを探っていきたいと思います。

ご期待ください!

 

Filed under: ふじのくに文化情報フォーラム — admin @ 9:31 AM
文化芸術の総合相談窓口

ふじのくに文化情報への現在の登録件数

文化団体
302
アーティスト
129
文化施設
221
個人
103

登録はこちら

ご利用ガイド

  • グランシップ
  • アトリエふじのくに
  • ふじのくにささえるチカラ
  • ふじのくに文化資源データベース
  • しずおかイーブックス

ふじのくに文化情報への登録はこちらから

静岡県文化情報総合サイト「ふじのくに文化情報」に、ご登録いただきますと、様々な形式での情報発信が可能となります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。