ささえる、つなげる、創造する ふじのくに文化情報センター

ホーム > イベント情報 > 江戸のデザイン帖 ~雛形本と浮世絵に見る意匠の美~

江戸のデザイン帖 ~雛形本と浮世絵に見る意匠の美~

現在、われわれが「きもの」や「和服」と呼んでいる日本伝統の衣服は、江戸時代以前においては一般に「小袖」と呼ばれていました。形態に重きを置く西洋の衣服に対し、その背面を中心とした意匠に重きを置く日本の「小袖」。本展では小袖の模様にみられる意匠の美を江戸時代の浮世絵とファッションデザインの見本帳でもある雛形本で紹介します。
開催日 2021年01月19日(火) ~ 2021年03月28日(日) まで
開催日補足 月曜日休館(祝日の場合は翌平日休)
開催時間 9:00~17:00(最終入館は16:30)
市町村 静岡市清水区
会場 静岡市東海道広重美術館
駐車場 あり
主催・共催・後援など 静岡市東海道広重美術館
問い合わせ先 info@tokaido-hiroshige.jp
問い合わせ先TEL 054-375-4454
ホームページ https://tokaido-hiroshige.jp/schedule/
備考
文化芸術の総合相談窓口

ふじのくに文化情報への現在の登録件数

文化団体
302
アーティスト
129
文化施設
221
個人
103

登録はこちら

ご利用ガイド

ふじのくに文化情報への登録はこちらから

静岡県文化情報総合サイト「ふじのくに文化情報」に、ご登録いただきますと、様々な形式での情報発信が可能となります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。