ささえる、つなげる、創造する ふじのくに文化情報センター

ホーム > 文化団体探訪 > 第58回 あかりアートの会

第58回 あかりアートの会

更新日時2020.03.16

人の心と川根の町に、やさしいあかりを灯す

  • 水彩画・手漉和紙工房を主宰する羽根田英世さんの指導のもとでテーマとアイデアを決めて、オリジナリティーあふれる行燈を創っています。

 「行燈の温かな灯りで、川根に人を呼び寄せたい」という思いから結成された、「あかりアートの会」。竹細工や切り絵、水彩画、絵手紙などの愛好家が集まり、製茶で使われていた和紙に着想を得て、和紙を使用した手作り行燈を始めました。毎年11月下旬に開いている「川根のぬっくいあかり展」では、角型や円筒形にこだわらない独創的な行燈をはじめ、川根中学校の学生や有志の作品など、100点以上が家山駅前通りを灯し、初冬の風物詩になりつつあります。
 地域と創るイベントが多く、SLで知られる大井川鉄道とは「お花見夜桜列車」を走らせて、乗客を行燈でおもてなし。地域資源を生かした活動が人を呼び、町を明るく元気にしています。

文化芸術の総合相談窓口

ふじのくに文化情報への現在の登録件数

文化団体
290
アーティスト
91
文化施設
218
個人
86

登録はこちら

ご利用ガイド

  • グランシップ
  • アトリエふじのくに
  • ふじのくにささえるチカラ
  • ふじのくに文化資源データベース
  • しずおかイーブックス

ふじのくに文化情報への登録はこちらから

静岡県文化情報総合サイト「ふじのくに文化情報」に、ご登録いただきますと、様々な形式での情報発信が可能となります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。